能のHana

舞台のこと

2021.09.10

 明後日、9月九皐会の申し合わせが済みました。私は1部で「梅枝」を勤めさせていただきます。
 今日はワキ方、囃子方と打ち合わせ、調整をさせていただきました。若いうちにはできない曲で、何度も見て、地謡、後見と勤めさせていただいております。イメージもできていますが、初演にあたりまして難しさも、実感しております。
 面、装束も決まりました。後シテで着る「舞衣」(まいぎぬ)という装束は古い物で、軽量で柔らかく、柄の立つ逸品です。こちらもぜひ、楽しみにご覧いだければと思います。
 中年女性の哀切な世界から、音楽葬のような華やかな世界へ、そして夜明けとともに全てが消えていく夢幻の世界へ、お出掛けいただけますと幸いです。当日のご案内も可能です。

観世九皐会9月定例会

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE