能のHana

舞台のこと

2021.09.12

 九月九皐会が済みました。定例会での年に一度のシテ(主役)でした。昨年中止になった六月九皐会からの、延期と申しましょうか、リベンジと申しましょうか、とにかく初演を勤めさせていただきました。
 1時間40分と上演時間も長く、やはり大曲と言える曲でした。古式の作り物を使わせていただくなど、常とは異なる上演となりました。お力添えを賜りました皆さまには、感謝申し上げる次第でございます。また、本日は緊急事態宣言下ながら、能楽堂へお運びいただきました皆さまには、篤く御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。
 九皐会終了後、高知での「安宅」の申し合わせを済ませまして、広島へ向かいます。東京駅で「俺のフレンチ」の出店を見つけ、お弁当を購入しました。どれも美味しかったのですが、ご飯がリゾット風なのか、パリッとした食感で、不思議な感じでした!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE