能のHana

舞台のこと

2021.11.20

 秋の心地好い青空の中、山口県の宇部華友会は発表会を滞りなく済ませました。今年で3回目になります。何度やっても慣れることはありませんが、確実に進歩しています。
 昨年はコロナ禍で、発表会とはいうものの、お客様のご案内は控え、内々の会にしました。今年はそういった制限を設けなかったので、多くの方にご覧いただけました。皆さんお仲間にご案内ができたようで、終演後は多くの方がお知り合いと談笑をされていました。皆さん楽しそうで、なんとも良い光景でした。
 昨年の発表会の後、新しい曲を始めた時は、まだまだ時間に余裕があると思っていましたが、1年もあっと言う間に過ぎ、今日の当日となりました。初回をご覧いただいた方から、「皆さんレベルアップしましたね」、と仰っていただけた事は、これから大いにモチベーションが上がる、ご褒美になりました。
 来月からは新しい曲にチャレンジです。私としましては、新曲の選曲も楽しみの一つになって参りました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE