能のHana

お稽古のこと

2017.08.03

先日の社中のゆかた会の写真ができてきました。一人一人の写真を見ながら、改めまして、その時の状況など思い浮かべております。当日に限ってしてしまうミスがあります。誰しもあることで、稽古の段階で上手く行っていなかった場合は、本人も得心がいくので、あまり大きな事故になりません。しかし全く予想していなかったところ、例えば稽古で間違えたことがない、という場合は驚いてしまいます。ここで知らん顔できると凄いのですが、なかなかそう言うわけには参りません。でも、それはご愛嬌、稽古の時に頑張ってした人は、底力が付きます。今回少々の事が合ったとしても、付いた底力は揺らぎません。次に大きく花開くことになりましょう。今回上手くいった方は油断無く、そのまま邁進していただければと思います。結果、やはりおさらい会は向上のために大切なのだと、知らされます。来年は大会を予定しております。会員の皆さんの更なる飛躍を願って、お稽古して参りたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE