Hana - Part 3
2022年05月03日 舞台のこと
 本日は心地よい春の陽気、ゴールデンウイーク三連休の初日とありまして、多くの方がお出かけになったようです。今日は鎌倉能舞台で、「県民のための能を知る会」がありました。鎌倉駅に着いたのは、午前八時半頃でしたが、既に多くの方がいらっしゃっていました。ご家族連れも多く、以前の賑わいが戻ったようでした。  本日は午前の部「箙」(えびら)中森貫太氏、午後の部は「巴」中森健之介氏でした。NHK大河の影響だそ...続きを読む
2022年05月02日 舞台のこと
 今日は青空が広がり、日中は気温が上がりました。昨日の雨の寒い一日と比べますと、随分違います。体調には、十分に気を付けないと、いけませんね。  本日は緑泉会の申し合わせがありました。初番は津村禮次郎氏の「忠度」(ただのり)、留めは河井美紀さんの「百萬」(ひょくまん)、どちらも春を代表する人気曲です。  私は「忠度」の地頭を勤めさせていただきます。なんと、4月九皐会の「須磨源氏」、別会の「松風」...続きを読む
2022年04月30日 舞台のこと
 昨晩の雨は驚かされましたが、今日は朝から青空が広がりました。風が冷たかったので、気温よりも寒く感じられましたね。  本日は九皐会別会の当日でした。私は初番の「松風」を、次男と勤めさせていただきました。再演とはいえ、思うにままならない大曲です。なんとか勤められまして、ホッとしました。  止めは「烏帽子折」、こちらも怪我する人もなく、無事済んでよかったです。春の一大イベントが済みました。明日から...続きを読む
2022年04月29日 コラム
 今朝は曇り空ながら、歩けました。朝は人通りもほぼ無く、マスク無しで新鮮な空気を吸えるのが、心地よいです。コースに入れている神社は新緑が目に見えて増えはじめ、もう少しすると、あの青臭いような、ニオイがし始めることと思われます。  これから、だんだんと雨脚が強くなるようです。明日はいよいよ九皐会別会当日、雨は朝までにしていただいて、昼には晴れてほしいところです。  九皐会で別会を勤めさせていただ...続きを読む
2022年04月28日 舞台のこと
 本日は青空の好天に恵めれましたが、風はヒヤッとしていました。陽射しの感じでは暑そうですが、風冷たいなど、服装選びがなかなか難しいですね。  今日は午後から九皐会別会の申し合わせが、国立能楽堂でありました。「松風」もいよいよ当日を残すのみとなりました。なかなか思うにままならない事が多いのですが、最終調整をしまして、当日を迎えたいと思います。  どうぞ宜しくお願い申し上げます。 https:/...続きを読む
2022年04月27日 コラム
 今日は生暖かい湿度高めの日になりました。朝は歩きはじめてから、折り返し地点の一歩手前で雨が激しくなり、残念ながら距離を短くして戻りました。昨日の帰りといい、雨に好かれています。  木賊(とくさ)は絶好調なようで、鉢を覗き込みますと、新芽が続々と頭をもたげています。新しい生命といいますか、生命力の充実といいますか、ワクワク致します。木賊の鉢は、下に水を敷いてあげてから、がぜん調子が良くなりました...続きを読む
2022年04月26日 コラム
 今日は朝から曇天、今にも降り出しそうな空模様で、湿度も高くなりました。午後から激しく降る場面もありましたね、落ち着かない日となりました。  久し振りにかかりつけの鍼灸医のもとへ出掛けました。特別具合の悪いところもないのですが、本番前に一度体のリセットをしておくかな、という感じです。  なんと申しましても、若い頃とは違いますので、体のメンテナンスには、気を配ります。悪くなってしまうと、なかなか...続きを読む
2022年04月25日 舞台のこと
 今日は暑くなりました、四月下旬ながら真夏の気温です!  九皐会別会も今週末になりました。私は「松風」のシテを勤めさせていただきますので、いよいよ最終調整といったところです。  先日須磨へ行ってまいりまして、街の風情や海岸など見て参りました。須磨寺から近いところに「松風村雨堂」が、ありました。お参りをしまして、舞台の無事を祈念致しました。  このお堂では、こんなことが記されていました。「行平...続きを読む
2022年04月24日 舞台のこと
 本日は「能楽談ディズム」さんの、公演当日でした。シトシトと雨の降る日になりましたが、満席に近い多くのお客様に、ご来場賜りました。  旗揚げ公演とありまして、談ディズムメンバーは、皆さん熱のこもった舞台を、お勤めになっていました。  最初のお話しも、皆さん揃って舞台上で自己紹介をはじめに、立ち上げのことなど、話していました。終演後には、再び皆さん揃って、カーテンコール。お話しもされていましたの...続きを読む
2022年04月23日 舞台のこと
 今日も晴れて、汗ばむような日になりました。恵まれたお天気の中、「ことのは能」の当日となりました。  多くのお客様にご来場賜り、盛会となりました。曲は「熊野」(ゆや)、春を代表する名曲の一つです。シテを勤めた鈴木啓吾氏は、ご先祖様が紀州「熊野」(くまの)にご縁のあるお家、「ゆや」への思いは、熱いものでした。  鈴木氏の取り組みで、盲導犬と一緒にご来場された方も、いらっしゃったようです。「見える...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE