2019年11月19日 コラム
本日は茅ヶ崎の中学校に公演に参りました。茅ヶ崎駅ではサザンオールスターズの曲が流れ、高校生の頃からのファンとしましては、テンションの上がりますね。サザンオールスターズの聖地のような場所で、居るだけで楽しくなる感じです! 中学生はみんな熱心に見てくれまして、体験は最初緊張気味でしたが、段々とリラックスできたようで、時折笑い声等も聞こえ、楽しい体験になっていたようです。 本日の学校の先生方は...続きを読む
2019年11月18日 コラム
本日は早朝8:30から、復曲能「鈴木三郎重家」の申し合わせがありました。復曲能とは、かつて作られた曲ながら、上演される機会が無い等の理由で、伝承が途絶えてしまった曲のことです。資料は残っていますので、それを元に整えて、一曲に成立させて上演致します。 鈴木啓吾氏にとりましては、ご先祖さまの曲と言うことになりますから、その思い入れも並々ならぬものがありますね。曲は現在物で、生け捕られた主人公重家が...続きを読む
2019年11月17日 舞台のこと
※17日投稿分の再掲です。

本日は同門、小島英明氏の自主公演でした。曲は「俊寛」、現在物の大曲ですね。上演時間は長い方ではないのですが、習い物になっている難曲の一つです。
九皐会所蔵の俊寛の面は2つあります。どちらもいい面なので、悩みどこですが、本日の使用面は以前私が使わせていただいた物と同じ面でした。師匠もよく、その面で「俊寛」を勤めていらっしゃったので、人気です...続きを読む
2019年11月16日 コラム
高松2日目は六萬寺にイベントに参りました。今年1月から始めたイベントで、副住職と行って参りましたが、本日は副住職ご不在のため、ご住職が代わって講話をされました。普段なかなか人前でお話しされないとのこと、とてもレアな回になりました。 私は「大原御幸」の一節から安徳天皇、二位の尼、徳子の入水の場面をさせていただきました。幼い天皇に祖母、母と続きますので、この場面はやはり切ないですね。 毎月行っ...続きを読む
2019年11月15日 コラム
高松にやって参りました。今日は東京も高松も、心地よい秋晴れ、気持ちがいいですね。 高松のお弟子さんは、来月の発表会のために、稽古をよくされているようです。復習を始めますと、ほとんどミスなく行けます。ご自身が納得いかないと、首をかしげてしまいます。ここで悪魔の囁きが、「そんなに自分に厳しくなくていいですよー!」。発表会は見に来てくださる方のためにも、なにがあっても、舞台を引いて楽屋に入る迄、よそ...続きを読む
2019年11月14日 お稽古のこと
※13日投稿分が不具合により投稿されませんでしたので再掲します

今朝は冷えましたね、風は冬の匂いがしていました。日中の日差しが、心地よく感じられます。
迷ったり、悩んだりということは、日常的には多いことですが、こと、お稽古に関しましては、解決していかないと、ですね。
習った時に、できなかったり、解らなかったりは、よく有ることです。取り立てて大問題では...続きを読む
2019年11月14日 コラム
本日は横須賀文化会館で逗子高校の学生鑑賞会がありました。  狂言「柿山伏」、能「羽衣」での上演でした。  「柿山伏」は巡回公演で、お馴染みの曲になつております。季節的も丁度ど良く、実感の持ちやすい選曲となりましたね。若い頃は季節に合う曲とか、あまり気にならなかったのですが、最近はこの季節感に惹かれます。  「羽衣」は高校生ということもあり、しっかり上演しました。昼食後の時間帯、後半は睡魔大王...続きを読む
2019年11月12日 コラム
昨日は落ち着かない天候で、急な雨などありまして、驚かされましたが、今日は見事な秋晴れに回復しました。草木が色付いていく感じも、この時期ならではの楽しみですね。陽もすっかり短くなりました、冬の準備をしなくては、いけません! 中学生の時、海外に留学した同級生から送られてきた手紙が、実家から出てきました。懐かしい…といより、最早新鮮な域に達するほど、時が経っています。 はにかみながら、その時の心...続きを読む
2019年11月11日 舞台のこと
本日は同門小島英明氏の会の申し合わせがありました。曲は「俊寛」(しゅんかん)、現在物の難曲です。 この曲で使用する面は、まさに「俊寛」と申しまして、この曲の専用面です。現在物とは、主人公が生きている人の時に使う言い方で、「弱法師」や「景清」といった曲とともに、現在物で面を使用する難曲の一曲です。 通常現在物は直面(ひためん)と申しまして、素顔で勤めます。専用の面が有るということは、それだけ...続きを読む
2019年11月10日 舞台のこと
本日は11月九皐会、定例公演でした。能は「柏崎」弘田裕一氏、「鵺」中森健之介氏、でした。 「柏崎」は大曲ですね。いささか整理されていない部分も残りますが、魅力的な曲です。 前シテの唐織着流しから始まり、後半は水衣の狂女の出で立ち、最後は長絹を着て芸能者のような姿になります。こういった変化も楽しみの一つとなりますね。 私は後見をさせていただきましたので、都度都度の衣替えに携わりました。最...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE