2013年04月17日 「烏帽子折」を楽しもう!その4・能の滑稽過去のHana
この曲は節付けなど独特の所があり面白いと思っておりましたが、全体を通して「滑稽」という事を感じます。それは笑いを狙うものではなく、一生懸命やればやるほど浮かび上がる「滑稽さ」のようなものです。 前半、平家方に追われる牛若が元服を思い立ち、烏帽子屋に行き亭主を説得して源氏の左折烏帽子を作ってもらったり、父の形見の守り刀を返してもらったりと感動的なシーンがある一方、烏帽子屋の...続きを読む
2013年04月09日 「烏帽子折」を楽しもう!その3過去のHana
夜が更け、静かに闇が覆い尽くす頃、義経は一人待ち構えます。闇の中から近付く忌わしき灯は悪しき予感です。摺針太郎兄弟(アイ)たちが先遣隊として現れます。松明の灯をたよりに門の中へ入った一人は、仁王立ちの義経に驚き飛んで帰ります。別の一人が改めて近付くと松明は斬り落とされ、続く二人目も踏み消され、三人目は取って投げ返され、斬られるという有様でした。三本の松明はことごとく消され凶兆この上ない...続きを読む
2013年03月23日 「烏帽子折」を楽しもう!その2過去のHana
折り上がった烏帽子を着し見事元服を済ませた義経は、烏帽子の代物にと守り刀を差し出します。とても見事な代物でしたので一度は辞退する亭主ですが、義経に重ねて差しだされ、妻も喜ぶだろうと早速妻に見せに行きます。亭主は橋掛に行き幕に向って呼びかけますと、家の奥から現れるが如く、幕内より妻(前ツレ)が現れます。代物を自慢げに亭主が渡しますと、妻はそれを見るや涙を流します。不審がる亭主に妻はその刀...続きを読む
2013年03月13日 「烏帽子折」を楽しもう!過去のHana
4月九皐会別会に向けて、3月8日(金)に「烏帽子折」の稽古能を致しました。現在物の曲なので、場面転換も多く能舞台を隅から隅まで使うことになります。また、登場人物も多く、芝居のタイミングなど相談しなくてはいけない所も随所にあり、三役お揃いで稽古能をさせて戴けた事は大変ありがたいことでした。全体像がはっきりしましたので、本番に向けて最終調整に入りたいと思います。現在物の能をするにつけ、先人...続きを読む
2013年02月03日 九皐会別会「烏帽子折」過去のHana
寒気いよいよ厳しい毎日を迎えております。暖かい春までもうひと頑張りですね。 この度は九皐会別会4月27日(土)13時始(国立能楽堂)のご案内を申し上げます。次男恒成も子方で舞台に出演させて戴くようになりましたが、4月で小学6年生になります。近々声変わりとなり、子方も卒業と言うことになることと思います。今回の曲「 烏帽子 ...続きを読む
2013年01月09日 注連縄占い?過去のHana
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。巳年の今年は、私と次男が年男です。なんとも時の流れを早く感じ、自分の事はあまり嬉しくないのですが、子供の事は喜ばしく思えます。次男はついこの間までヨダレ掛けをしていたような気がするのですが・・・。4月からは6年生となり、子方のゴールも見えだしました。4月には九皐会別会で「烏帽子折」をさせていたでき、9月には...続きを読む
2012年12月31日過去のHana
今年もいよいよ残すところわずかとなりました。 振り返ってみますと仏縁に恵まれた年でした。 6月の東日本の震災復興のために訪れた護国寺では本堂で上演、間近にご本尊を拝し、お話をうかがい教えて戴きました。10月には千葉県鴨川市の清澄寺に薪能でうかがいました。ここは日蓮上人が出家され、初めてお題目を唱えたお寺なのだそうです。境内は千年杉をはじめ、自然の道場ようなと...続きを読む
2012年12月05日過去のHana
早いもので今年も残すところ1ヶ月となりました。 1日が長く感じる日もありますが、年々歳々時間の経過が早くなっているような気がします。 時の経過を早く感じるようになって、時間というものをとても大切に思うようになりました。時間は上手に使えれば余裕にでき、逆ならば追われることになります。能繁期とも言われる今時分は煩雑な日々に追われがちですが、少し前からを心掛けたい...続きを読む
2012年10月05日 華友会後記過去のHana
 準備に費やす期間は長いものの済んでしまえば、瞬く間の出来事となりました。9月30日(日)「華友会秋季大会」が無事に済みました。大型台風が接近してくるハラハラドキドキの開催となりましたが、たくさんのお客様にも足をお運び戴きまして盛会となりました。 ご来場の皆様に御礼申し上げる次第です。ありがとうございました。 また会の間は台風の影響を受けずにすみ、ホッとしております。  ...続きを読む
2012年09月07日 松風後記:御礼とお詫び過去のHana
第七回奥川恒治の会が済みました。
ご来場戴きました皆さまには、御礼とお詫びを申し上げます。 当日お昼前になっても楽屋は暑いままでした。能楽堂事務所にお尋ねしたところ、空調は午前10時から入れているものの、故障とのことでした。修理業者の到着は15時頃になると。「松風」は始まっているであろう時間、修理できなかった場合は…なんとも微妙な始まりとなってし...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE