2017年12月25日 コラム
個人で自宅のお稽古にいらっしゃる方と、平日の夜に神楽坂にいらっしゃるグループと、2ヶ所の稽古納めになりました。皆さんお忙しいながら、お時間を作ってお稽古に来てくださるのは、ありがたい事です。 今日は7月に日本舞踊との「コラボ・道成寺」を、企画された西川喜優さんもお稽古にいらっしゃいました。振り替えってみますと、半年ほどの事ですが、随分前の事のように思われます。いただいたフォトブックを改めて見ましても、楽しく思い出されます。また、大変勉強になった公演でした。この公演に参加したおかげで、新しい発想や可能性を見いだすことができました。完成された芸能だと思っていた能楽ですが、それ故に懐も広く、可能性を見出だせます。 西川喜優さんには改めまして、感謝を申し上げたいと思います。そしてこの経験を、これからの舞台にいかして行きたいと思います。
2017年12月24日 舞台のこと
来年2月3日(土)に、新演出能「リークエスト」聖剣伝説を企画しております。一度に説明しきれませんので、先ずは作るにあたりましての、経緯から、お話し申し上げます。 能楽堂へ足をお運び頂く皆さまに、年に一度演者から歩み寄って、能楽堂で楽しめる日を作れないだろうか、というのがこの度の企画の根本になっています。普段舞台上でしか見ることの無い演者が、皆さんの間近に現れ、お話しするような日があっても良いのではないか、と思っています。 また、矢来能楽堂では「初めての矢来能楽堂」という、能楽堂に来たことの無い人に向けての、解説、実演、体験イベントを年に2回おこなっています。回を重ねる度にお客様は増え、今秋はチケット完売という、ありがたい人気イベントになりました。この度は一つステップアップして、鑑賞のご提案です。海外からのお客様からも、比較的短い時間で楽しめる催しは無いかしら、と言うお問い合わせも...続きを読む
2017年12月23日 舞台のこと
鈴木啓吾氏の一乃会が済みました。大学時代に教えを受けた、故藤村健氏の追善を兼ねての会でした。 仕舞は「砧」に「當麻」と、追善らしい2曲が並びました。「融」は最後に「名残惜しの面影」と終わりますので、鈴木氏の気持ちそのままのようでしたね。 「融」の替え演出につきましては、昨日書きましたが、今日はサプライズがありました。後半のシテの出の囃子で特殊な手組があるのですが、それを打ってくださったので、一つご馳走が増えた感じになりました。聞いていて、とても面白い演奏ですから、見所の皆様もお楽しみ頂けたことと思います。 今年の公式戦も今日で終わりました。一年間なんとか無事に舞台を勤められまして、ホッとしました。 本日は満席というありがたい公演になりましたが、今年も多くのかたに、能楽の舞台にお運びいただきました。改めまして、御礼と感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。 ま...続きを読む
2017年12月22日 舞台のこと
鈴木啓吾氏主催公演一乃会の、「融」の申し合わせが済みました。「融」は舞返し(まいかえし)という小書(こがき・替えの演出)になっていまして、後半部分の舞いが替わります。クツロギという小書がありまして、その時は舞の途中で橋掛かり幕際まで行って、暫し止まるやり方があります。三段から五段になり、更に橋掛かりに行きますので、舞がだいぶ長くなるわけですね。舞返しはそれに、急之舞が加わりますので、もう一つ長くなるわけです。舞の型の工夫はもとより、囃子の音楽性も大変面白く、聞く楽しみも増えるわけです。  そもそも「融」は人気曲なのでよく上演されますが、シテの謡う分量は多く、とても凝って作ってありますので、大変な曲なんです。後半の舞いを延ばすということは、負担も増えるわけです。明日は意欲的な取り組みで、一曲丸ごとお楽しみいただいた上で、舞もお楽しみいただく趣向になっています。あまり詳しく書きますと種明かし...続きを読む
2017年12月21日 コラム
高松が暖かだったので、こちらの寒さが身にしみます。蓮田慶福寺の稽古を終えて、外に出ますと寒さが厳しいです。でも、キレイな月を見ながら、地元の子に近道を教わり、夜歩きもまた楽しい。清少納言さんは、「冬は早朝」と言っていましたが、僕は夜も好きです。夏のように気軽には歩けないのですが、夜空が美しく、吸い込まれそうな気がします。オリオン座は唯一、僕が一目で見つけられる星座なので、それを見てわかったような気になるのも、気分がいいですね。 蓮田は納涼会と忘年会を必ずしています。皆さん集まってお話しが始まりますと、尽きません。楽しい時間はより早く感じます。今年のこと、来年のこと、個人のお話し等、話題には事欠きません。来年もこうして、皆さんと楽しい時間を過ごしたい、そう思わせる蓮田の稽古納めでした。
2017年12月20日 お稽古のこと
高松2回目のお稽古日になりました。お天気にも恵まれ、気持ちのいい高松です。お稽古場は早速、新しいお仲間が一人増え、来月からの楽しみが増えました。また、夜の体験にいらっしゃった方も、来月お仲間を誘ってもう一度来てくださることになりました。先ずは上々の滑り出しです。1月、2月、3月のお稽古日も決まり、本格始動になって参りました。これから更に、お仲間が更に増える事を期待したいと思います。 サンポートホール高松はとても素晴らしい施設で、7階のお稽古場のある階からの眺めは、極めて素晴らしい。黙っていても、気持ちいいのです。近隣の方でご興味のある方は、ぜひお出掛け下さい。次回は明年1月17日(水)13:00~21:00迄、詳細は後日HPに掲載致します。
2017年12月19日 コラム
昨日は私の誕生日で多くの方からお祝いのメッセージを、いただきまして、ありがとうございました。52歳になりまして、時の流れは早いものだと今更ながら思います。 今年ほど怪我の多い年も珍しく、やはり寄る年波でしょうか。体あっての舞台なので、これから長持ちするように、ケアに神経を使いたいと思います。 所信表明などする所なのかと思いますが、ここ数年で段々と出来上がっきた道を、今は迷わず進んでみたいと思っています。少しの間だと思いますが、あらゆる面で自身の力を試すことができる、人生における黄金の時、それをいただけるような気がします。 52歳も楽しみたいと思います、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2017年12月18日 コラム
朝8:30から若竹会の稽古メンバーが集まり、「三輪」の稽古でした。暖房も入れていただけますが、早朝の舞台は冷えています。さすがに三輪山とまではいきませんが、冷えた板の間はリアル三輪の世界のような… 富山公演の舞台道具は見計らい良く、稽古が終わると届きました。人手もあり、ちゃっちゃっと片付き、気持ちもいいです。ご苦労様でした、来年まで暫しのお休みです。 このところ久々の風邪に悩まされていましたが、午後頃から体が戻り、お弟子さんのお稽古も楽になりました。やはり、健康が一番! そして明後日20(水)は高松の2回目のお稽古日です。体調が気になっていましたが、もう大丈夫です。19:30からサンポートホール高松7階和室にて、体験教室を致します。気になるかたは、お気軽にお出掛け下さい。なにか、心や体に響くものが有るのではないかと思います。最初の一歩、ぜひ踏み出してみてください。お待ちしてお...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE