2017年07月24日 お稽古のこと
矢来能楽堂では、「はじめての矢来能楽堂」という、能楽堂に来ていただいて、能楽のイロハを学んで、謡と舞を体験してして頂く企画をここ数年続けてやっております。当初年一回だったものが、このところは春秋の2回に増え、60人80人と参加者も増えています。皆さんに舞台上がっていただいて、「土蜘蛛」の一部など体験して頂くことも好評です。 今日お稽古場に見学にいらっしゃった方いるのですが、その方が「初めての矢来能楽堂」の参加者だったのです。とても楽しかったので、はじめてみようと思ったのだそうです。その事もとても嬉しかったのですが、成果が実を結ぶと言うのでしょうか、そんな気がしまして、それがとても嬉しかったです。ここまでは上々です、これから能の魅力をお伝えできるか、心して取り組まないといけません!
2017年07月23日 舞台のこと
若竹能が済みました。能は「頼政」と「船弁慶」の2番でした。どちらもシテにとって挑戦と言える選曲でした。シテを勤めた二人からはそれぞれに感じた難点など話が出、今後の我々にとっても課題と言えることが出ました。 裏方としましては頼政の頭巾の形を整える事がとても難しく、なかなかベストなやり方にたどり着きません。もう少し考えたいと思います。 ご来場の皆さまには厚く御礼申し上げる次第です、ありがとうございました。
2017年07月23日 コラム
社中のゆかた会が済みました。毎回そうですが、上手くいった方、いかなかった方、悲喜こもごもです。確実なのは、この日に向けてした努力が、結果の如何に問わず身になっていると言うことです。一つ先へ進んだことになりますね。また、来年の発表会に向けて、頑張っていきたいと思っております。今日のところはひとまず、ゆっくりお休み下さい。
2017年07月21日 コラム
若竹能の申し合わせが済みました。後は本番を待つのみです。お席は完売とのことです、ありがとうございました。蓮田市ではこのところ毎年恒例になりつつある、夏休み能楽体験親子教室が、本日より始まりました。今年も小学生を中心に12名の参加者があり、毎年の顔馴染みの子やら、初参加の子やら集まってくれました。今年は場所も蓮田駅からすぐの中央公民館で、皆さん集まりやすい場所と言うこともあり、お母さま方も稽古の間ただお待ちいただくのもなんなので、お子さんの隣で一緒に謡っていただきました。全く初めてのものを、親子で一緒に体験してもらうのが、この企画の目玉なのですが、今回はとてもいい感じで進みました。 蓮田市の小中学生はこれからでも参加可能なので、ご希望の方は蓮田市教育委員会にお問い合わせの上、ぜひご参加下さい。昨年できたばかりの「文化ホール・ハストピア」での発表会にも参加できます。夏休みの体験学習に...続きを読む
2017年07月20日 お稽古のこと
ゆかた会前の最終稽古が済みました。出演の皆さんはもはやまな板の上の鯉状態、あとは舞台の神様に祈るといったところでしょうか。能楽堂初出演となる小学生がいます。稽古を初めて一年、大分難しい物もできるようになって来ましたので、龍神に挑戦です。緊張も手伝って、なかなかノーミスになりません。やる気は十分なので、「もう一回やる」と本人頑張ります。最終なんとかミスナシで舞い終わりましたが、やはり不安も残るようです。無理のないことですね。間違えても最後まで一生懸命やる、ここが大切だと思うんです。稽古の最後に「最後まで諦めないこと!」を約束しました。お稽古を通してその心意気を覚えてもらえたら、十分な成果と言えましょう。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE