Hana - Part 10
2021年04月30日 コラム
 昨晩の激しい雨が嘘のように、今日は朝から晴れ渡りました。陽射しも夏のようで、気温もぐっと上がりましたね。善福寺川では、カモがまるで甲羅干しでもしているかのように、休んでいました。  我が家のアロエが緑色を取り戻し始めた鉢とそうでない鉢とに別れました。いただいた方から、水はたくさんあげずに、西陽の当たるような所がいいと言われていました。色が茶色から戻らず元気のないアロエの鉢は、水はけが悪く、雨が...続きを読む
2021年04月29日 コラム
 今日は一日雨になりました。朝のウォーキングはお休みです!  端午の節句も近いので、今日は五月人形に出して飾りました。一年ぶりのお目見えです。  甲冑が私の物で、若武者は子供のものです。どちらも、それぞれの祖父母からの贈り物です。私の祖父母は他界していますが、五月人形を飾りますと、祖父母のことも思い出され、家族のつながりや愛情を、幾つになっても感じることができます。  独立直後のひとり暮らし...続きを読む
2021年04月28日 コラム
 今朝は青空が広がり、心地よい朝でした。善福寺川はカモが気持ち良さげに、川面を滑っていました。成鳥一歩手前といったサイズ感で、少し離れた所に親鳥らしき、威厳のあるカモが悠然といました。  本日は北与野ステラ・デル・アンジェロで、「大原御幸」の2回目の講座を致しました。後白河法皇が大原へ行く行程を、平家物語灌頂巻の文章を巧みに引用しながら、進めていく部分です。謡曲作者の見事な手腕を知っていただく、...続きを読む
2021年04月27日 コラム
 明日は北与野ステラ・デル・アンジェロで、大原御幸の2回目の講座を致します。明日は後白河法皇が大原の寂光院へ、向かって行く(御幸)される場面です。  能としましては、平家物語の灌頂巻の原文を、巧みに取り入れ、細やかで美しい詞章を作り上げました。謡の文章を知ってから、原文を読み直してみますと、驚くほどです。  また、ワキの萬里小路中納言(までのこうじちゅうなごん)が謡うところの大原の描写では、大...続きを読む
2021年04月26日 舞台のこと
 本日、6月27日㈰に銀座シックスの観世能楽堂にていたします、「第16回奥川恒治の会」のチケットを発売致します。今年は「大原御幸」(おはらごこう)という曲で、源平合戦最終地壇ノ浦で一門と共に入水した、平清盛の娘徳子が生け捕られ、京都大原の寂光院で出家し、菩提を弔って暮らしている所へ、後白河法皇が訪れる物語です。平家物語の灌頂巻を舞台化した作品で、「無常」とい平家物語の主題を凝縮した、内容となってい...続きを読む
2021年04月25日 舞台のこと
 九皐会別会が済みました。中所氏、大曲「定家」を済ませ、ホッとされたことと思います。2時間5分の上演時間、大変な曲です。  私は「花筐」のクセを勤めさせていただきました。他に「實盛」(さねもり)、「景清」(かげきよ)と合わせて3番約25分、1曲が8分平均の仕舞というのも大変なものです。難しい曲ばかりなので、地謡も大変だったことと思います。本日も無事に舞台を勤められました。ありがとうございました。...続きを読む
2021年04月24日 コラム
今日も気持ちよく晴れました、紫外線は強いそうですが、晴れた日は実に心地好いです。  今朝の善福寺川は、いつも居るカモがお留守で、代わりにサギが来ていました。警戒心が強いのか、いつも撮影を試みると、飛んでいってしまうのですが、今日は近くで撮らせてくれました。羽を広げたり、辺りを見回したり、川水が少なくなっているせいか他の鳥がいないので、一羽悠々としていました。  今を盛りと伸びてくる木賊(とくさ...続きを読む
2021年04月23日 舞台のこと
 本日は九皐会別会の申し合わせがありました。能は「定家」(ていか)、シテは中所宜夫氏です。トップクラスの大曲、上演時間も2時間前後となります。  私は仕舞「花筐」のクセを舞わせていただきます。随分と難しい曲をいただきました。周りからそんな年になって来ていると言われ、喜ぶべきか悩ましい感じです。仕舞で勤めさせていただくのは初めてです。最初の静寂から後半のクルイへと、現在物だけに変化も著しいものがあ...続きを読む
2021年04月22日 コラム
 今日は同門の坂真太郎氏社中の、50周年記念大会の申し合わせが、銀座の観世能楽堂でありました。  能三番に舞囃子、仕舞、謡とたいそう華やかな番組です。ご息女二人も子方で出演、父親としても、楽しみな会となっています。  もともとは一年前に開催の予定だったものを、コロナ禍のために一年先に延ばし、今年開催の運びとなりました。一年越しの皆さんお稽古の成果となります、つつがなく舞台をお勤めいただけるやう...続きを読む
2021年04月21日 コラム
 今日も青空の広がる快晴、気持ちよく晴れました。  日本橋の竺仙(ちくせん)さんに、お邪魔しました。染め物、特にゆかた類や小紋などは、国内トップメーカーです。近年は和服一般に小千谷の麻物、沖縄の紅型に小物迄幅広く手掛けています。長いお付き合いとなっていまして、担当の方も3人目になりました。九皐会としましても、個人的にもお世話になっております。  勿論、来ていただけるのですが、お店と町並みが気に...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE