Hana奥川恒治が綴る日々のblog

カテゴリー

2022年12月11日舞台のこと

 本日は12月九皐会、今年も早いもので納会となりました。私は一部で「巻絹」を「神楽留」で勤めさせていだきました。9月に秋田の薪能で勤める予定だったものが、コロナ禍で中止となり、今日はそのリベンジを果たしたような気がしました。能舞台でフル寸法で勤めさせていただきましてので、大変ありがたい事でした。  二部は観世和歌ちゃんの「石橋」の披演でした。私は副地頭を勤めさせていただきまして、こちらはよい思い出...続きを読む

2022年12月10日お稽古のこと

 今日は青空の好天、このくらいの気温ですと、朝歩いていても心地よいです。  「はじめの一歩」という、入門お稽古をしています。こちらは一年という期限付きで、一年後お稽古を継続するようでしたら、お稽古場を選んで入っていただきます。日時と場所とお稽古のやり方など、お好みに合ったものを選んでいただきます。グループレッスンに入る場合は、ご希望の団体の様子を事前に見学していただき、全体の雰囲気なども知って、は...続きを読む

2022年12月09日舞台のこと

 今日は昨日より少し気温が低めでしたが、空は青空でしたから、日中の日向は暖かでしたね。  本日は12月九皐会の申し合わせがありました。私は一部の「巻絹」(まきぎぬ)のシテを、「神楽留」(かぐらどめ)という小書、替えの演出で勤めさせていただきます。これは曲中の神楽という舞の部分が変わり、その他にも装束(衣装)や、細部が細々と変わります。装束は通常のものと、随分異なります。とりわけ面は、九皐会の名物面...続きを読む

2022年12月08日お稽古のこと

 本日は快晴、青空が広がり、気温も上がりました。このくらいですと、心地よく、過ごしやすいですね。  今日は埼玉県蓮田市の慶福寺へ、お稽古に参りました。慶福寺ではイチョウの紅葉に加えて、カンザクラが満開でした。イチョウの下は、黄色いじゅうたんとなっていて、見事な風情でした。  今年は宇部公演といい、東京の自主公演といい、蓮田のお弟子さんに大変お世話になりました。両方が済んで、お目にかかるのは今日が初...続きを読む

2022年12月07日コラム

 このところ何事もなく過ごしていた母親が、褥瘡(じょくそう)、床ずれの酷いやつですかね、患いました。ほとんど知識が無かったのですが、随分と大きな傷で、中が膿んで洞穴のようになるのですね、驚きました。  診察に国際医療センターへ、朝8時過ぎに連れていきました。時間は掛かりますが、設備は整っていて、安心です。幾度も運び、入院もしていますので、慣れたところではありますが、久しぶりでした。検査結果も悪くな...続きを読む

バックナンバー