Hana - Part 10
2020年10月11日 舞台のこと
 10月九皐会が済みました。私は2部の「龍田」を勤めさせていただきました。  今日は以前から一度使わせて頂きたいと思っておりました、増(ぞう)の面を初めて使わせていただきました。女神様にはとてもいいお顔なのですが、小ぶりなので、女性向きのサイズなのです。鬘(かずら)、髪の付け方を工夫しまして、極力違和感のないようにしました。仕上がりは、ご覧になった方の、感想を待たなくてはいけませんが、楽屋うちで...続きを読む
2020年10月10日 お稽古のこと
 秋台風の14号は、ありがたくも太平洋側にそれてくれるようで、明日の会には深刻な影響を及ぼさないようで、助かります。進路変更により、接近する地域には、被害が出ないことを祈ります。  今日はお稽古日だったので、いらっしゃる皆さんが、どうかと思っていましたが、本降りながら支障をきたさなかったので、良かったです。  お仕事のため、お稽古を中断されていた方が、今日から復帰となりました。海外に行かれるこ...続きを読む
2020年10月09日 舞台のこと
 本日は九皐会の申し合わせでした。今月一部は能「自然居士」遠藤喜久氏、二部は能「龍田」私が勤めさせていただきます。  「龍田」は以前若竹会の稽古会で舞わせていただき、先月九皐会の稽古能でも、舞わせていただきました。初演ながら、馴染みも良い曲です。  このところ、台風の影響らしいのですが、気温が下がりました。11月頃の気温だそうですが、「龍田」もちょうど霜降月(11月)です。  氷が張る龍田川...続きを読む
2020年10月08日 お稽古のこと
 今日は冷えましてねー、台風の影響で北の冷たい風が流れ込んでいるとか。週明けはまた、気温が上がるそうで、落ち着きません。  蓮田市慶福寺のお稽古場は、冷えました!冬季のお寺は冷えますが、久しぶりに思い出しました。  本日は夜の大宮と合わせまして、お休みは無し、良いお稽古日でした。大宮は、体験予定の中学生が人身事故で電車が止まり、来れなかったのが、一つ残念でした。次回お稽古日にお目にかかるのを、...続きを読む
2020年10月07日 コラム
 昨日投稿致しました北与野の、「龍田」の講座の1回目が済みました。今週末に九皐会で勤めさせていただくのに合わせまして、曲を変えての講座となりました。  古代史まで話を戻してから進めますと、かなりのボリュウムですが、個人的にはとても楽しい時間です。  能の曲としましては、和歌を主に龍田明神の物語と景観を、大切にして進めて参ります。晩秋の紅葉の名所、心誘われるシチュエーションに、神代の物語が骨格を...続きを読む
2020年10月06日 コラム
 今年は秋にお役が詰まりまして、日曜日は九皐会で「龍田」を勤めさせていただきます。それに伴いまして、北与野ステラ・デル・アンジェロでの講座も、「龍田」に変更致しました。明日はその第一回目の講座の日です。神代の世界を感じつつ、秋の美しい龍田の紅葉、そこに現れる龍田姫は、なんとも幻想的で美しい世界です。和歌で綴られる龍田の世界へ、ぜひお出掛け下さい。お待ちしております。 https://nohnoh...続きを読む
2020年10月05日 コラム
 今年も秋は能繁期の様相を呈して参りました。春から厳しい季節となっていましたので、有り難さも一入です。 伴いまして、商品の身体のメンテナンスも、怠らずにしなくてはいけませんね。  自粛期間中は全くお世話にならなかったので、随分久し振りに鍼灸師のもとへ参りました。「ご無沙汰しております」の挨拶で始まりましたが、こちらの体のことをわかってもらえているので、ありがたいです。整えていただきますと、身...続きを読む
2020年10月04日 コラム
本日は中森貫太氏ご社中の「玉扇慶祥会」(ぎょくせんけいしょうかい)でした。能3番、番囃子1番、他に舞囃子、仕舞、素謡、連吟と盛り沢山な番組でした。今年は稽古もなかなか思い通りにできず、時間ばかり過ぎる感じでしたが、皆さん頑張ってお稽古されたご様子でした。  朝は曇天の小雨がちらつく空模様でしたが、お昼頃からは晴れ、心地好いお天気になりました。絶好の発表会日和となり、ご出演の皆さまも、ご来場の皆さ...続きを読む
2020年10月03日 コラム
 神無月(10月)になりましたので、衣替えとなりました。が、暑く、袷はまだ厳しい、巷では半袖のTシャツ姿の方を見かけます。まぁ、その昔のルールなので、私は勝手に気温に合ったものを、着させていただいております。あまり季節感が無いというのもなんですが、固執しなくてもいいかと思っております。  そんな中、今日は一日お弟子さんのお稽古をしておりました。先日の会の次の日から地方へ出掛けておりましたので、皆...続きを読む
2020年10月02日 コラム
 先日の「一角仙人」の舞台を、高校の同級生が職場の後輩を誘って見に来てくれました。その後、電話で話しをしますと、職場の後輩さん、能を気に入ってくれたそうで、私の後輩の舞台も見たいとのこと。舞台をご覧になって、舞台を好きにってくださるということは、格別に嬉しいことです。能楽に関心を持っていただいて、ぜひいろいろな人の舞台を見に、能楽堂へ足を運んでいただければと願います。  私たちは、お楽しみいただ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE