Hana - Part 50
2020年03月10日 コラム
今日は雨の一日、時折激しい雨音も聞こえました。気温はあまり下がらなかったようで、その点はよかったです。 沈丁花があちらこちらで咲いています。この花の匂いは、子供の頃の記憶とつながります。 学校から帰りますと、ランドセルを家に置き、着替えてすかさず出動の日々、公園に行けば何時も仲間がいました。その公園には、山がありました。子供が遊ぶには、なかなか大きな山で、頂上はビルにしますと、4階位の高...続きを読む
2020年03月09日 コラム
今日の日中は暑いほど晴れましたね。お日様が顔をのぞかせる度に、春らしさが増して参ります。春の到来は楽しみですが、いま世上は厳しい冬を向かえ、春の到来を待ち望んでいます。そんな時だからこそ、できることもありますね。本公演の少い今こそ、自主トレがしやすい時ともいえます。 今朝は若竹会の稽古会でした。このところは顔を合わせても、厳しい会議ばかりなので、囃子も入っていただいてのお稽古は、刺激的です。...続きを読む
2020年03月08日 コラム
九皐会の延期に伴い、休日となりましたが、本日は雨の冷えた一日になったことを思いますと、良かったでしょうかね。 家の植物、昨年土の入れ替えに失敗し、長年育てたバラが枯れ、いただいた山椒とゲンノショウコウも枯れました。知り合いから「植物が育たない家」とか「山椒を失敗した人を初めて見た」とか、揶揄されつつも、めげずに女竹を購入、今元気なのは木賊と女竹の二つです。しかもこの女竹は、お世話してくださっ...続きを読む
2020年03月07日 コラム
じっとしてばかりもいられないので、少人数ながらお稽古をいたします。 とにかく距離を取って、離れられるだけ離れての稽古。まぁ、なんとも他人行儀な、という感じです。5メートル離れると、随分遠く感じますね。 今日のような場合、稽古の前に、延期公演の説明から始まります。皆さん好意的で、ご納得いただけるようで、一安心です。 「楽しみに待っています」とありがたいお言葉ながら、ハードルが上がってい...続きを読む
2020年03月06日 コラム
3月13日(金)に控えています、普及公演の夜能につきまして、本日会議を致しました。2/29(土)の若竹能と、3/8(日)の九皐会と、2公演延期になっております。13日の夜能はなんとか上演したいと考えておりました。さりながら、このところ国の一大事になって来ている現状を考えますと、能楽堂にお集まり頂くことが、甚だ心苦しく思います。また、皆さん安心しての鑑賞も、難しいとの判断に至りました。 コロナ...続きを読む
2020年03月05日 コラム
先日の謎の雑草?更に育っております。触ってみますと、柔らかく、どちらかといいますと、フニャッに近い程柔らかく、それでも立ち上がっております。育つにつれ、竹と違うテイストで成長していきます。暫くこのまま育てて、どんな大人になるのか、見届けたくなりました。ちょっと楽しみです! そこまでやって来ている春は、新しい命の芽吹きを促します。梅の次は桜、続いて新緑と季節は廻ります。心穏やかに楽しめる日が、...続きを読む
2020年03月04日 コラム
新型肺炎コロナウィルスの感染拡大は正念場ですね、各方面厳しい状況ですが、この局面協力しあって、なんとか乗りきりたいです。 人生正念場、岐路を向かえている方もいらっしゃいます。この方、相当厳しい状況に追い込まれていますが、平常心を保っていらっしゃいます。端で見ていましても、痛々しく頭が下がります。お話しを伺いますと、前向きな話が出てきます。ご本人は感情的になれば、こちらの負けだと仰っていました...続きを読む
2020年03月03日 コラム
三寒四温と申しますか、日毎に春と冬が入れ替わります。今日は春の暖かい陽気、ヒキガエルが背中に一回り小さいヒキガエルを乗せて、ノシノシ歩いているところを見かけました。ちょっと早い気もしますが、桜の陽気ですから、さもありなんといったところでしょうか。 昨年念願の女竹(めだけ)が手に入りました。女竹はよく食べている孟宗竹と違いまして、節が角張らず、全体に細身の竹です。舞台で使う竹はこの女竹が主流で...続きを読む
2020年03月02日 コラム
今日は朝から雨の一日になりました。昨日の春日とはうって変わって、冬が戻ってきた寒い日になりました。昨日の引っ越しが雨ではなくて、助かりましたね。 こんな時こそメンテナンス、という訳で、掛かり付け接骨医へ出掛けました。体の歪みやズレといったものは、すぐに不調をもたらさないのですが、長い時間を掛けて大きな体調不良となって、やって来ます。体が資本の私たちとしましては、大敵です。早めに手を打って、そ...続きを読む
2020年03月01日 コラム
弥生、3月が始まりました。4月を思わせる暖かい陽気です。そんな3月1日は矢来能楽堂の、装束蔵の引っ越し日でした。装束類を運んでいますと、汗ばむ気温、ありがたい日となりましたね。 蔵として使わせていただいたマンションにも、幾度となく通いました。だいぶ慣れてもきましたが、新しくなりました装束蔵に、面装束を保管できることは、嬉しいことです。暫くは、新しい置場所に右往左往することでしょうが、それも楽...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE