2017年07月18日 コラム
9月24日(日)の第12回奥川恒治の会の入場券も発売になりました。お申し込みも多数いただいておりまして、誠にありがとうございます。会券の発送が遅れがちで、お待たせしてしまいまして、申し訳ありません。ご心配いただき、お問い合わせもありましたが、本日発送いたしました。明日、明後日にはお手元に届くかと思います。事前講座もまだまだお席にゆとりがありますので、お時間ができましたら、ぜひお出掛けください。舞台を使っての説明になりますので、舞台進行なども解りやすいのではないかと思います。「俊寛」は現在物(生きてる人が主人公)なので、筋もわかりやすく、事前に内容を知っておきますと、ご覧になった時にとても解りやすく、楽しめると思います。
2017年07月17日 コラム
右ヒザを痛めてしまい、ちょっと引き摺って歩き始めてから、はや一ヶ月が過ぎましょうか。良くなりかけると、激しく動く曲がやって来て、済むと悪化という悲しいループにはまってしまっています。担当医も膝はコワイデスヨと、そうなんですよねー、かくいう本人が一番ビビッテいます。さりながら暫く、オテンバもしなくて済みそうなので、治療に専念したいと思います。 秋に「小鍛冶」がありますので、ベストな状態で飛びたいですからねー。 ただ、こうなってみますと、改めて日頃感じることのない、不便さを知ります。これはなかなか良い学びになります。一つずつが身になりますね!
2017年07月16日 日々のこと
今日は幸せな一日になりました。昼間は子供二人に手伝ってもらって、貯まっていた仕事を片付けました。大学生に高校生だと随分仕事もできるようになり、助かりました。夜はお疲れさま会を、親に付き合ってくれるところもありがたい。行き付けのお店では、何時でも歓迎してくれます。同い年の人が大将を勤めるお店で、21年位の長いお付き合いになります。長男を初めて連れて行ったときは、座布団で寝ていたものでしたが、いつの間にか背も延び、一緒に飲めるようになり、時の流れを認識させられます。今がとてもいい時なのだろう、そう思います。...続きを読む
2017年07月15日 お稽古のこと
南に北に三週ほど出掛けておりましたので、仕事もたまっておりますが、一週間後に控えたゆかた会の稽古は最終段階に入りました。この最終稽古。。で微調整程度で会を迎えられると、双方共に安心なのですが、不安の種を育ててしまうケースもあります。ご本人メンタル強で、少々の事があっても「楽しかったー」と言える人なら問題ないのですが、なかなかそこに行き着きませんね。「格闘家と舞台人は嘘つきじゃないといけません」と、よくお弟子さんに言います。格闘家は痛いとき痛い顔をしない、舞台では何かあったときに何事も無かった風を装う、これが難しいんですね~つい反応してしまうものです。「正直は人の宝」と申しますが、上手に方便を使うことも必要です!まぁこれから最後の追い込み、奮闘努力で当日は何事も無く、無事に行ってくれれば一番です。
2017年07月14日 コラム
秋田最終公演も無事に済みました。本日は親戚の子が通う小学校でしたので、私、シテを勤めさせて頂きました。暫くぶりの「小鍛冶」でしたので、おじさんとしましてはいささか不安も有りましたが、なんとか勤めさせて頂きました。親戚の子は家内の親戚で、初めて会った時はまだ学生だったのですが、月日の流れは早く、いまは小学4年生のママさんになっています。4年生と言うものの、その子と会ったのは、数年前で、まだ幼稚園の頃でしたので、小さい印象しか無かったのすが、随分大きくなっていることに驚きました。子供の成長の早さには、いつでも驚かされます。6月から始まりました学校の巡回公演でしたが、参加していないところも含め、全て予定通りの日程で、今のところ済んでいます。昨年は台風に脅かされたことも有りましたが、今年はこのまま順調に行ってくれることを願います。私達も楽しみに伺うのですが、子供達はもっと楽しみにしていてくれている...続きを読む
2017年07月13日 コラム
湯沢市の小学校に参りました。地域の方も大勢見に来ていただけました。狂言の体験では先生方も地域の方も皆さん一緒に、大きな声を出して楽しんでいただけたようです。湿度がとても高いので、体調管理は元より、楽器の調整が一苦労のようです。いろいろと条件も有りますが、本日も無事に済みました。バス移動は往復で3時間とちょっと長いのですが、宿を転々としていくよりは、遥かに楽です。明日は親戚のお嬢ちゃんの通っている小学校で、シテを勤めさせていただきます。久しぶりの「小鍛冶」楽しみです!
2017年07月12日 コラム
秋田県由利本荘市の小学校に参りました。ここは遠藤喜久夫人の出身地でもあり、今日は遠藤師がシテを勤めました。子供たちはとてもお行儀よく見てくれていました。そして、理解度も素晴らしかったです。ちょっと珍しいパターンでしたが、最後は「感想を言いたい人〰🎵」と先生が言うと、「はーい」とほとんどの子が手を上げ、先生は「1年生の○○さん」という具合で、当てると感想を言ってくれました。低学年の子は率直で純朴な感想を、高学年になりますと、もはや大人のような感想で、内容の理解力も素晴らしいものでした。子供たちの目と感性は鋭く、そんな風に見えたのかとか、そんな風に感じたのか、ということは、こちらにとっても良い学びになります。明日も待っていてくれる子供たちのために、頑張りましょう!
2017年07月12日 コラム
秋田市の中学校に参りました。近隣の小学校3校もふくめた合同開催で、500名を超える児童、生徒さんでした。合同のため大勢での鑑賞会となりましたが、小中学生共にとても落ち着いて見てくれました。体験も中学生はなかなか声を出してくれないのですが、小学生と一緒のせいか、大きな声を出して年長の貫禄を見せてくれました。校長先生からも、「私達も楽しめました」と喜びの声をいただき、最初の秋田公演が無事に済んで良かったです。 秋田の暑さには驚きましたが、これからの頑張りたいと思います。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE