2017年10月14日 お稽古のこと
東京に戻りまして、今日は一日お弟子さんのお稽古日になりました。10:30スタートでタイトな予定でしたが、体調不良でお休みの方が多く、ゆったりしたお稽古日になりました。夏日のあと一気に気温が下がったとのこと、体調管理が難しいですね。お大事になさってください。 グループレッスンの人たちを夏のゆかた会以降、クラス替えをしました。始めた時が少し違う人たちを、一緒になっていただきました。多少不安要素もあり...続きを読む
2017年10月13日 コラム
4日間に渡りました京丹後の公演も、本日の公演を持ちまして終了しました。4公演全て無事に終わらせられたのも、出演者のチームワークの良さだと今更ながら思います。 最終日の今日は京丹後市の中学校へ参りました。小学校6年生も見に来ての、合同開催となりました。小学生にとりまして、中学校へ来るのは、ちょっとドキドキながらも、嬉しいことだったでしょう。そして、なによりも驚きましたのは、400名程の小中学生がい...続きを読む
2017年10月12日 コラム
本日は舞鶴市の小学校に参りました。お隣の小学校と合同で400名の児童という、大団体での公演になりました。 子供は反応がよく、狂言では要所要所で笑いがこぼれました。能「土蜘蛛」では糸をまく度に歓声が上がりました。楽器体験では大きな声で掛け声をかけて、見事な合奏になりました。狂言体験ではカマエや笑いをしてもらいました。400名の声が体育館に響き、充実の時間を実感できました。
2017年10月11日 コラム
丹後二日目は小学校に参りました。 体育館の床に舞台を設営しまして、100名程の児童に間近でじっくりと見てもらいました。楽器の体験は代表者が実際の楽器を舞台上で演奏し、他の子はその場で手を使って演奏を真似て、掛け声は全員で掛けます。そして、練習後最後は全員参加でセッション、合奏するのですから、もれなく楽しめます。狂言の体験はいつでも大きな声でセリフを言ったり、笑ったりして、手放しで楽しめます。 ...続きを読む
2017年10月10日 コラム
丹後久美浜の中学校に参りました。当地は喜之家にはご縁の深いところで、この度は喜之先生もご出演という、豪華番組での演能です。私も幾度となく伺わせて頂いておりますが、こちらの公演と申しますと、長男と来たことを思い出します。「隅田川」、「鞍馬天狗」の2曲の子方のお役をいただき、電車を乗り継いでやって参りました。今でも5時間掛かります、長時間の電車移動に加えて、最後はディーゼル車に乗ります。独特の臭いが後...続きを読む
2017年10月09日 お稽古のこと
平日はお仕事でなかなかお時間が取れない、そんな方のために週末のみの、お稽古日があります。今日は祝日なので、週末ではありませんが、お稽古日でした。 仕舞は型を覚えなくてはいけません。型は体で覚えるものなので、なかなか厄介です。動き事態は極めて単純なので、手は手、足は足で最初に説明しますと、理解は容易いです。ただ、左右の手と、両足が同時に違う動きをすることが多いので、見ている分には難しく無いのですが...続きを読む
2017年10月08日 舞台のこと
10月九皐会が済みました。能は遠藤喜久師の「誓願寺」と桑田貴志師の「善知鳥」でした。「誓願寺」は上演時間2時間55分という長い曲です。これはご覧いただくにも、なかなか大変な曲でした。主人公の和泉式部さんは能の中では、とても位の有る存在として登場します。ですから曲としての格が高いのですね。 自然上演時間も掛かると言うことになりましょうか。 「善知鳥」は親子の絆を逆手にとった狩猟方法をしていたため...続きを読む
2017年10月07日 コラム
能を知る会の東京公演に出演しました。演目は狂言「栗焼」と能「土蜘蛛」でした。「土蜘蛛」はこのところ、学校公演でもお馴染みの曲になりましたが、学校では後半部分のみの上演になりますので、本舞台での前半から始まる本能はひと味違いますね。学校で見てくれた子供たちも、前半から見るとどんな感じかなどと、興味を持って見に来てくれるようになると、嬉しいです。「土蜘蛛」は大人が見てもある意味美しく、楽しく、わかりや...続きを読む
2017年10月06日 お稽古のこと
今日からさいたま新都心ホテルラフレの講座は、「野宮」になりました。平家物語の後は源氏物語です。そして、「野宮」は源氏物語の中でも、人気の六条御息所が主人公です。本日は初回ですので、源氏物語を皆さんと再確認してみました。御息所は色々な点で、魅力的な人物です。つまり、色々な逸話があるのですね。それを含む「野宮」はとても難易度の高い能なのですが、そのことがよくわかります。「野宮」のようなある種哲学的な曲...続きを読む
2017年10月05日 コラム
福井県の大野町の小学校へ参りました。お隣の小学校からも児童がやって来まして、合同開催になりました。全体400名位になったようです。 大野と申しますと、大野出目家(能面打ちの名門)縁の土地になります。こちらに伝わっている面や、伝承館的な物は無いようで、残念ではありますが、学校ではそんなお話もしました。大野家の面は全国に行っていますので、舞台上ではお目にかかれますが。子供たちは活発で、元気よく大きな...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE