2017年09月26日 コラム
秋らしくなってきたと、思っておりましたが、今日は気温が上がりました。おかげさまで、少し動きますと汗ばむほどでした。温度差のある時ですから、体調の管理には気を付けないといけませんね。 今日はのんびりとしたスケジュールにして、お弟子さんのお稽古をしていました。夜公園の横を通りますと、秋虫の音楽隊がいまを盛りと奏でています。その音色に耳を傾けてみますと、落ち着きますね。「夏は夜、秋は夕暮れ」と言います...続きを読む
2017年09月25日 舞台のこと
九皐会には俊寛の面が2面あるものですから、事前講座では「どちらがいいですか」とお尋ねしたところ半々に意見が分かれました。ご参加の方からお問い合わせがあり、どちらを使ったのか?と。僧帽子(頭巾)の下では印象も随分が違うようで、舞台を見ても判断出来ないそうで、確かにそうですね。そこで答え合わせです。 昨日私が舞台で使わせていただきました面は、後から見て頂いた方です。最初見て頂いて面は、目が少しつり上...続きを読む
2017年09月24日 舞台のこと
第12回奥川恒治も済みました。準備期間が長いのですが、始まりますと早いです。「俊寛」は舞台展開がはっきりしていて、時間的にも長くないので、余計にそんな気がします。 事前講座の折に2面ご覧いただきまして、お好みをお尋ねしました。半々でしたね。ご参加の皆様、ご自身のイメージ合いましたでしょうか、また違う面だったとしたらしましたら、印象はいかがでしたでしょうか?HPのアンケートなどでお答頂けますと...続きを読む
2017年09月23日 コラム
今日は休日でしたので、のんびりと思いましたが、やはりやることが色々とありました。会の前日なので致し方ないですね。これで準備万端整ったと思うのですが、なんとなく心配は尽きないものです。 明日はお天気にも恵まれるようなので、精一杯舞台を勤めさせていただきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2017年09月22日 コラム
本番を明後日に控え、本日第12回奥川恒治の会の「俊寛」の申し合わせが済みました。課題、調整点など踏まえつつ、本番に臨みたいと思います。九皐会には2つの俊寛の面がありまして、事前講座では人気投票ならぬ、どちらがイメージ合いますか?とお尋ねしたところ、ほぼ同数でした。師匠とも相談しまして、今回の俊寛を決めました。当日の顔を、楽しみにして頂きたいと思います。また、装束も様々に検討した結果、僕もまだ舞台上...続きを読む
2017年09月21日 コラム
横浜で玉川大学の学生能がありました。狂言「附子」・能「羽衣」でした。さすが大学生、落ち着いて鑑賞していました。近年、小、中、高、大、専門学校と沢山の種を蒔いています。先日仙台で見た、見渡す一面が黄金色の稲穂でたわわに実っていた田のごとく、成果が実を結ぶ日が来てくれることを願っています。 装束の小道具とでも申しましょうか、狩衣と長絹に付ける組み紐の飾り、ツユの修繕をしてもらいました。乱れたフサ...続きを読む
2017年09月20日 お稽古のこと
さいたま新都心のラフレの講座は「俊寛」の最終回を迎えました。いろいろな所で俊寛のお話をして参りましたが、本日の講座で締めとなりました。7月から始まった講座も、済んでしまえば早いものです。皆さん楽しみにいらっしゃってくださるようで、会を重ねる毎により仲良くなり、楽しさも増すようです。講座とはいいながら、お互いで話す時間も多分に有ります。お題の事柄をもとに、個々の方のお話がなによりのご馳走になります。...続きを読む
2017年09月19日 コラム
学校公演などで出掛ける事が多く、1ヶ月以上間があくお稽古場も出てしまいます。それでも、ありがたいことにお目にかかれば、以前と変わりなく、お稽古できるのがいいです。皆さんしっかり自習もされていて、こちらも一月前の事を教えて頂いたりします。こちらの方が怪しかったりするのですが!まぁ、お付き合いも長いので、半ば身内のようになるところも、こういった稽古事の良いところでしょうか。こちらの体調など心配していた...続きを読む
2017年09月18日 コラム
台風の影響を懸念しておりましたが、今日は台風一過の見事な秋晴れとなりました。お陰さまで予定通り、午前中から一日お弟子さんのお稽古日にできました。10:30から自宅で始まったお稽古日は20:30矢来能楽堂で終了しました。間に移動もありましたが、長い一日です。体力的には厳しいところも有りますが、このところ留守がちだったので、皆さん変わりなくいらしてくださると、ホットしますね。ちょっと油断しますと、お土...続きを読む
2017年09月17日 コラム
緑泉会が済みました。台風の影響もあり、心配しましたが無事に済みました。能は桑田師の「橋弁慶」と新井師の「龍田」でした。橋弁慶は長男の潤之介くんに子方の牛若丸をしてもらい、親子競演の舞台になりました。父親としましては心配ながらも、幸せな一時ですね。潤之介くんは背が高いので、大人と同じようなものを着ます、もう1,2年子方もしたいところですが、声変わりが始まらないいいです。 龍田はやはり大曲ですね。い...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE