2018年08月12日 コラム
昨日ラフレのイベント「アフタヌーンティースペシャル」にご参加の方から、大変嬉しい感想をいただきました。 2時間半の催しを二人でやっていましたので、例年のように5人でやる時と比較しますと、さみしい感じがします。お楽しみいただくにはどうするかと、試行錯誤の結果、昨日のような形になりました。比較的よい感じで、皆さんお楽しみいただけているようでした。 本日いただきました感想は「贅沢な時間をすごせま...続きを読む
2018年08月11日 コラム
さいたま新都心ホテルラフレの、アフタヌーンティースペシャルが無事に済みました。当日お出掛けいただきました方も含め、大勢の方にご来場賜りました。ご来場の皆さまには、厚く御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。 ご来場の皆さまとお話しをさせて頂く時間もありました、やはり「屋島」の一調が皆さんの心に残ったそうで、私たちとしましても、喜ばしいことでした。一調と申しますのは、極めて特別な...続きを読む
2018年08月10日 お稽古のこと
日中はまだまだ厳しい暑さが続いておりますが、夕暮れ時になりますと、少し変わって来たような気がします。だんだんと秋の気配も、してきてくれると嬉しいですね。 秋の会で初めて舞囃子に挑戦するお弟子さん。今までの仕舞、囃子の入らない謡だけの舞方と違いまして、戸惑う部分も多いようですが、随分馴染んで参りました。少しずつ毎回の稽古で、進歩が見られればいいです。これからがいよいよ勝負、楽しみですね。 明...続きを読む
2018年08月09日 お稽古のこと
台風一過、気温の上昇が激しい日になりました。今年の台風は気まぐれに、好きなところへ行くようで、次はまた別のルートを使うようですね。被害が出ないことを願います。 蓮田市の夏休み親子教室は、台風のために危ぶまれたのですが、今朝の段階で、他へそれてくれましたので、滞りなくできました。  子供たちは謡うも舞うも、取りと申しますか、覚えが早いです。3回目なのですが、既に「鶴亀」のキリを、半分くらい覚えて...続きを読む
2018年08月08日 コラム
今年は台風の当たり年のようで、本日は13号が接近のため、さいたま新都心ホテルラフレは、「能楽アフタヌーンティー」で打ち切りました。幸い夜の謡のお稽古場所も確保できましたので、そちらは後日に変更です。 「能楽アフタヌーンティー」の講座では、「砧」の3回目となりました。静けさと夜の闇という二つを最大限に使いながら、追い込み追い込まれて行く妻の心情は、読み込むだけでも厳しいです。皆さん、いろいろな意...続きを読む
2018年08月07日 コラム
台風の影響でしょうか、今日は曇天ながら気温は下がりましたので、少し楽に過ごせました。これで台風が手前で右折してくれると、言うこと無いのですが・・・。  山の日のイベント、さいたま新都心ホテルラフレの「アフタヌーンティースペシャル」も、目前に迫って参りました。演目演式も決まりましたので、話す内容など詰めて、資料をこしらえます。解りやすくて、楽しいものを考えたいと思います。せっかくいらしていただきま...続きを読む
2018年08月06日 コラム
8月九皐会が済みまして、今日から毎年恒例の装束干しが始まりました。今年は若い手が増えまして、ありがたいことです。人が多くいるということで、人手のいる装束類が出ていました。私はお片付けのお手伝いに参りまして、みんなと作業をしました。やはり人が大勢いますと、個体の負担も随分軽減され、時間的にも短縮されます。 本日の装束は、比較的多く出ていたようですが、人数がいますと、早く済みました。明日の準備もし...続きを読む
2018年08月05日 コラム
 8月九皐会が済みました。「自然居士」はお父さん見事に、姫を救出しましたね。「羽衣」は小書無しが、かえって新鮮で、タップリあり、見応えがありました。 ご来場の皆さま、ありがとうございました。  先日大鼓の佃良太郎氏と打ち合わせまして、8月11日(土・山の日)のラフレのイベントの内容が決まりました。 「高砂」:おめでたいわれをご説明し   まして「四海波静にて~」を演奏 「屋島」:一...続きを読む
2018年08月04日 舞台のこと
「夏休み親子で楽しむ能の会」、満員の、大盛況でした。謡の体験コーナーでは子供らしく、元気で大きな声で謡えました。年齢の制限をしていなかったそうで、幼稚園前のお子さんも、来ていたようです。どんな感想を持つのか、聞いてみたいところです。 「土蜘蛛」はやはり楽しいですね。後半、土蜘蛛が巣を投げると、歓声が上がっていました。最後に討ち取られ、舞台上で下に座っている場面も、赤い頭の毛に、白い蜘蛛の糸が映え...続きを読む
2018年08月03日 コラム
本日は、8月九皐会と明日の国立能楽堂の「夏休み親子で楽しむ能の会」の申し合わせと、2本立てでした。申し合わせのどうしの合間に、「大江山」の稽古能もありましたので、午前午後で能4番と濃い半日になりました。 九皐会の「自然居士」と国立の「土蜘蛛」は、親子共演となり、夏休みらしさも加わって、いい感じです。 先ずは明日の国立から、楽しみに参加したいと思います。 夜は大鼓の佃良太郎氏と、10日山...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE