2018年03月26日 お稽古のこと
春の暖かさにつつまれて、心地好い日になりました。気温も上がり、動くと汗ばむような、日中でした。 さいたま新都心のホテルラフレの講座「能楽アフタヌーンティー」は、明後日28日(水)で、1月から始まった「景清」の最終回を迎えます。たっぷり3ヶ月掛けて、取り組んで参りましたので、ちょっと寂しい気もします。 伝説的な物語ではありますが、この曲には平家物語の無常観が、濃密に詰められています。最終回の...続きを読む
2018年03月25日 コラム
季節の変わり目、これから新しい季節が確実にやって来ますね。年度も変わり目、新しい年に向けて動き始めるような、時になるのでしょうか。 身の回りにも新しい生活を始める人が何人もいます。小学校から稽古を始め、中学生になる時に、この道に進むことを決めた子は、高校生になり、囃子の笛の稽古が新しく始まります。中学、高校と大切ないい時期です。毎回の稽古が無駄にならないように、一つ一つ大切に、学んでもらいたい...続きを読む
2018年03月24日 お稽古のこと
東京はいよいよ桜が満開でしょうか。移動時に車窓から見える分だけでも、十分に楽しめるようです。寒い日が続いていましたので、どうなることかと思いましたが、「草木心なしとは申せども、花実の時を違えず」とはよく言ったものです。各地から桜の便りが届きます。「春の宵の一時は千金に値する」そんな週末になりますね! 先日神楽坂の週末教室の方と懇親会を致しました。3人が新しく仲間になりましたので、歓迎会を兼ねた...続きを読む
2018年03月23日 コラム
今朝は若竹会の本番、稽古能なので非公開ながら、面、装束を着けて本番さながらの姿で臨みます。 面、装束を着けるということは、通常はなかなかできません。着けて舞台を勤めるということは大切なことですが、着付ける、支度をする、全てが本番と同じになります。これは全員が全て出きるように、との師匠のお考えから、画期的なことが、この稽古会で続いております。ありがたいことですね。 今では若竹能という、発表の...続きを読む
2018年03月22日 コラム
復曲能「鈴木三郎重家」の申し合わせ(リハーサル)が済みました。あとは29日(木)の国立能楽堂での本番を残すのみとなりました。「語り鈴木」という別名があるくらいなので、語る部分が多く、シテは大変です。捕まって縄を掛けられてる訳ですから、どうしても動きに制約が出ますので、言葉に頼る部分が多くなるわけですね。現在物なので、内容はわかりやすくなっています。本番を楽しみにしましょう。 その後は中森貫太氏...続きを読む
2018年03月21日 コラム
冷えましたねー驚きました。ここまで冬に戻ると思っていなかったので、不意打ちでしたね。でも雪まで降ると、ちょっと楽しいですね。ここまで戻るか、という感じでしょうか。 神楽坂の週末教室は、新しい方が増えたので、懇親会をしました。僕の趣味に合わせて、何かに付け飲み会をします。 新しい人も、ベテランも、一緒にお食事をしてお話しをすると、楽しめるようで、皆さんの笑顔がとても良かったです。また、しまし...続きを読む
2018年03月20日 コラム
三寒四温、今日は寒に戻りました。行きつ戻りつしながらも、季節は確実に進みますので、桜も咲き始めました。暖かくなると一気に、満開になりそうです。 もう少ししますと、心と体と時間に余裕が無くなりますので、今の間に母親と一緒に、家族5人揃ってお食事に参りました。 上の子は会社勤めが始まりますので、こんなふうに揃うことも難しくなることでしょう。 神楽坂の知り合いのお店に参りました。特別なことを...続きを読む
2018年03月19日 お稽古のこと
お稽古を始めて少し時が経ちますと、不安を覚える方が少なからずいらっしゃいます。始めてはみたものの、思ったように、思うようにいかない。3ヶ月目位になりますと、3ヶ月も経ったのに言われていることがよくわからない。自分はとんでもないことを始めてしまったのか⁉向いていないのか⁉ そんな不安に襲われることも有ろうかと思いますが、ここで冷静によく考えてみます。1ヶ月2回のお稽古だとしますと、6回済んだかど...続きを読む
2018年03月18日 コラム
昨日はお休みだったので、お天気の良さにつられて外出しました。花粉症を発症してここ数年、なりたての頃は、「似合わない!」と人に散々言われましたが、それも定着しました。そんなわけで、今の時期外に出るのは「危険行為」に該当するので、仕事以外は出掛けないようにしていました。 なにを勘違いしたか、お天気に誘われて亀戸天神まで、ふらっと出掛けました。もう少し早ければ、たくさんの梅が満開で、さぞや美しかった...続きを読む
2018年03月17日 コラム
長男の大学の卒業式でした。風は冷たかったのですが、快晴のいい日になりました。卒業おめでとう! 中学校の進学の時に、将来の進路について話し合いました。能の子方(子役)は随分と勤めたので、中学校入学は一つの岐路でした。私とは違う道を選択し、大学は自分で決めた学校に進学、本日卒業となり、社会人ですね。 ある人から教えていただきましたが、学校は足し算でしか上がれないが、大人社会は掛け算で上がれとの...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE