Hana奥川恒治が綴る日々のblog

カテゴリー

2022年10月19日コラム

 今日は気持ち良い秋晴れになりました。朝はまだ雲が残っていましたが、時が経つにつれ回復、青空となりました。  お稽古にいらっしゃるお弟子さんも、お出掛けが楽しいと、喜んでいらっしゃいました。近年は暑いか寒いか、両極にいくような感じです。「秋らしい」というような日が、貴重になります。虫の音楽隊も腕をふるって、秋を盛り上げます。耳を澄ませて、楽しむ、心のゆとりを保ちたいものです。  秋の繁忙期こそ、心...続きを読む

2022年10月18日舞台のこと

 本日は鎌倉能舞台で「県民のための能を知る会」でした。朝は曇り空でしたが段々と回復、帰る頃には雲間から青空ものぞいていました。  午前の部の能は「小袖曽我」、十郎観世喜正師、五郎中森健之介氏でした。曽我兄弟の仇討ちは「鎌倉殿の13人」でも取り上げられました。そちらでは頼朝暗殺のクーデターとして、曽我兄弟の仇討ちが利用されていましたね。能「小袖曽我」は、弟五郎の勘当を母から許してもらい、兄弟晴れて出...続きを読む

2022年10月17日コラム

 昨日移動しまして、下関に参りました。高松、宇部と2日続きで社中の発表会でしたので、ちょっと骨休めです。  下関から対岸の九州門司へは水上バスで約7分、移動も楽しので、毎年の恒例になりつつあります。  門司では故観世元伯氏に教えていただいた、お寿司屋さんがありまして、ここ数年、年に一度宇部の会の前後にお邪魔しています。  随分前になりますが、九州小倉で宿泊の時に、ご一緒したのが最初でした。食事の後...続きを読む

2022年10月16日コラム

 昨日高松から移動しまして、山口に参りました。今日は山口県宇部市社中の発表会です。当初雨の予報でしたが、見事に晴れました。ヤンヤ、ヤンヤ!  皆さん月曜日の公演にもお出掛けいただき、今日の舞台となりました。一週間の間に、二つの会と大忙しのスケジュールとなってしまい、お疲れになったことと思いますが、本番はしっかりできました。私も嬉しい限りで した。  二日間に渡って、高松、宇部と社中の発表会をしまし...続きを読む

2022年10月15日コラム

 本日は高松で社中の発表会でした。この度は会場が、文化会館に変わりました。本格的な舞台は、皆さん初めてでしたので、いつにも増して緊張したご様子でした。  直前の通し稽古では、不安がよぎる方もいらっしゃいましたが、本番では皆さん熱演、しっかりと日頃の成果を出してくれました。こういった形で上手くいきますと、次からの曲も大いに盛り上がることと思います。  お客様もまた、いままでで最多と思われる、多くの方...続きを読む

バックナンバー