2018年04月09日 コラム
九皐会が済みました。天候にも恵まれ、明るい一日になりました。 私は「錦木」の女房役を、させて頂きました。中学生の頃からご一緒させて頂いております、駒瀬氏の女房役をさせて頂きました。 とても不思議な感覚でしたが、無事に勤められまして、良かったです。 おシテは声が不調でした、早期の回復を願います。 ご来場の皆さま、ありがとうございました。
2018年04月07日 コラム
本日は中森貫太氏社中の三十周年記念の発表会が、国立能楽堂で有りました。当初雨の予報だったお天気も、午前中から晴れ、絶好の発表会日和になりました。 見所にいらっしゃってくださったお客さまも、大勢で盛会になりました。大会ということもありまして、能三番、他に番囃子など、珍しい演目もありました。一日掛かりの催しになりましたが、つつがなく済みまして、ホットしました。能の後見も二番勤めさせて頂きましたが、や...続きを読む
2018年04月06日 舞台のこと
四月九皐会の申し合わせが済みました。能は「屋島」と「錦木」でした。私は「錦木」のツレを勤めさせて頂きます。先月稽古能をしてから一月、早いものです。 シテとツレのこの二人、夫婦と言っていながら、「会ってもらえない」って、旦那は嘆くんですよねー。そもそも錦木って、男性が木の枝を綺麗に飾って、女性の家の前に立てて好意を示す風習だそうです。女性は会おうと思う人の錦木は取り込んで、会わない人のは捨て置く...続きを読む
2018年04月05日 お稽古のこと
蓮田でのお稽古場にお借りしている慶福寺さんは、大きな垂れ桜が有名で、満開の頃は昼夜を問わず、見物の人が訪れます。その垂れ桜も葉が青々として、春の大仕事を済ませた装いになっています。 長年こちらに出入りしているのですが、今年初めて認識するに至った花がありました。その木は、個体によって濃淡が有り、花がこんもりとしていて、木に桃色の実がなっているように見えます。八重桜と名前を教えて頂きました。その...続きを読む
2018年04月04日 コラム
今日は暑くなりました、日中は汗ばむほどで、初夏のような、夏のような日になりました。着物を手にした時、どうしても袷(あわせ)衣替え前の冬の着物を、着る気になりませんで、季節の先取りという事で、単(ひとえ)の着物で出掛けました。 衣替えは六月なので、まだまだ袷を着ている時期なのですが、昨今の気候には、そぐわないルールではないかと、勝手に思っております。 そう言えば、子供の頃は七月になっても、気...続きを読む
2018年04月03日 お稽古のこと
学ぶと言うことは、愉快です。 「はじめの一歩」のお稽古を始めて3か月目になりましょうか、少し揺れる頃です。きっと皆さんが通る道なのだと思いますが、始めた頃のテンションが下がり、思った程の成果が上がっていないような気になります。ここで師匠とお話しができると、いいですね。不安や疑問を相談、解決でます。 始めて3か月目、丁度その頃合いがやって来た人がいらっしゃいます。今日のお稽古で、最初はご自身...続きを読む
2018年04月02日 舞台のこと
今朝は兄弟子中所宜夫氏の「卒都婆小町」の下申し合わせがありました。下申し合わせとは、大曲を披演する時に、申し合わせ(リハーサル)の前に、する準申し合わせのことです。 一昔前は「卒都婆小町」が舞えると言うことは、大変な出世なでした。大先輩がたも、「卒都婆小町」を舞わずに引退された方がたくさんいらっしゃいました。下申し合わせがあるというだけで、曲の大変さが知れるのです。還暦を迎えて大曲へ挑戦、という...続きを読む
2018年04月01日 お稽古のこと
4月になりました。新しいこともいろいろと始まりそうで、ワクワクして来ますね。陽気に誘われて、浮かれ過ぎないようにしないと、ですね。 エイプリルフールは昨今無いのでしょうかね、伝えていきたい良き風習、と言うほどのことも無いので、直面しなくて幸運といった所でしょうか。 今日は一日お稽古Dayになりました。自宅で個人の方、矢来能楽堂で団体のクラス。団体のクラスは、全員で同じ曲をやりますので、他の...続きを読む
2018年03月31日 コラム
次男が見習いとして楽屋に出入りを始めて、はや一年が経ちます。最近は地謡のお役もいただき、ありがたいことです。 4月には若竹会(非公開の稽古会)の「賀茂」でツレのお役をいただきました。朝からそのお稽古がありまして、矢来能楽堂へ出掛けて来ました。面を着けて稽古しますが、よく見えませんので、最初はなんともあやしげな場所に行きます。目標にする柱や行き方、立つ場所を教えて、後は本人の稽古次第ということに...続きを読む
2018年03月30日 コラム
家の近所の桜も舞い始めました。儚くも美しい姿です。これを上手に写真に収める腕、センス?が欲しい・・・。絵を描かせれば、学んだこともない抽象画のごとく、何がモデルかわからない物が出来上がる身としましては、望むべくも無いですかねー。まぁ、この点は目をつぶりましょう。 春は出合いと旅立ちの季節です、いろいろな巡り合わせが、他の季節の変わり目よりも多くやって来ます。悲喜こもごもながら、良いときも悪いと...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE