Hana - Part 2
2021年07月19日 舞台のこと
 今朝は8時から若竹能の「竹生島」の稽古がありました。通常はまだ暑くない感覚ですが、今朝はしっかり暑くなっていました。  昨日のゆかた会の疲れがどうだろうと思いましたが、常態と変わりなく、朝から勤められました。「竹生島」は細かいところなど、打ち合わせをしまして、金曜日の申し合わせに臨みます。  若竹能もう1番は「羽衣」彩色之伝(さいしきのでん)という、格の高い小書(替えの演出)で、鈴木啓吾氏が...続きを読む
2021年07月18日 舞台のこと
 本日は社中のゆかた会が無事に済みました。内々のおさらい会となりましたが、皆さん緊張されていたようです。この緊張感がとても大切で、次のステップのための大切な過程です。本日の舞台が一つの成果となって、次回の大きな花のために、またお励みいただきたいと思います。  ご出演いただきました玄人の皆さまには御礼を申し上げ、ご出演の皆さまにはお祝いを申し上げたいと思います。
2021年07月17日 コラム
 梅雨明けとともに、真夏がやって来ました。近年は段階とかなく、極端ですね。日中は本気で気を付けないと、危なそうなレベルです。  明日にゆかた会を控え、本日は最終の稽古日になりました。やるだけの事はしましたので、明日は舞台の神様のご加護を願いましょう。  このところ、なにか催しといえば台風がやって来ましたので、全くその心配なしに会ができることは、とてもありがたいです。  今年も日頃の精進の成果...続きを読む
2021年07月16日 舞台のこと
 いよいよ夏ですねー、本日は能楽協会主催の納涼能に出勤しました。 協会主催だけありまして、5流儀のシテ方が全て出演します。能5番という訳にはいかないので、能は2番でした。  今回は観世流と喜多流が能を勤めまして、観世流は「鶴亀」で、観世銕之丞先生が舞われました。私は地謡で参加させていただきました。  観世流も各家からの出勤になりますので、ご無沙汰している方に、久し振りにお目にかかれるのは嬉し...続きを読む
2021年07月15日 コラム
 今朝は8時から若竹能の「竹生島」の稽古がありました。シテ、ツレは若手の中森健之介君、河井美紀さんのコンビです。「竹生島」はツレが弁財天の役なので、ツレはとても大切な役どころになります。  舟に一畳台に小宮と作り物も、舞台狭しと立ち並びます。舟で琵琶湖を渡る、弁財天を拝むなど、わかりやすい構成で、弁財天が舞い龍神が現れるなど、次々と目まぐるしく舞台も展開し、飽きることなくご覧いただける楽しい曲で...続きを読む
2021年07月14日 コラム
 暦の上では少暑、梅雨は明けるはずですが、今年は出遅れたせいか、ねばりますね。湿度というのは、堪えます!今日も夕方には、雨雲がかかり、雷さまの登場となりました。今日は短時間だったので、熱冷ましにいい感じでした。このくらいにしておいてもらえると、有り難いのですがね。  お稽古にもゆかたで出掛けますが、ゆかたが大手を振って着られるようになり、助かっています。絹物は袖に手を通したたところで、心が折れて...続きを読む
2021年07月13日 コラム
 今日も暑い一日になりました。感染症もさることながら、熱中症もありますので、なかなか難しい季節です。  このところ我が家はアリと日々格闘です。朝晩アリが家の中に侵入、生き物は殺生しないことにしているのですが、そんな悠長なことは言ってられません。見つける度に駆除しています。3箇所ほどの侵入経路も発見、塞ぎました。  初めて見つけたときは、数十匹の大群で家の中に現れましたので、思わず「ギャー」とい...続きを読む
2021年07月12日 コラム
 朝は真夏の青空かと思いきや、午後は一天にわかにかき曇りといった感じで、なかなか落ち着かない空模様です。  今週は日曜日のゆかた会にむけての、最終稽古を各お稽古場でします。皆さん泣いても笑っても、この一週間、勝負どころですね。承知のことながら、いよいよとなりますと、エンジンもかかろうというもの、集中してツメテいただきたいと思います。  今年は番組を少し例年近くに戻しましたが、感染症予防対策重視...続きを読む
2021年07月11日 舞台のこと
 7月九皐会が済みました。私は一部の出勤でした。若干気になっていた、ワクチン接種の副反応も腕が筋肉痛程度で済みましたので、頂いたお役も滞りなく済ませることができました。  「大江山」(おおえやま)という曲を、仕舞で舞わせていただきました。都で悪さをする酒呑童子という鬼を退治しに行く話で、私は退治される鬼の役でした。仕舞では征伐に行った、源頼光(みなもとのらいこう)一味と、酒呑童子が仲良く酒宴、最...続きを読む
2021年07月10日 舞台のこと
 日本の広さを感じます。東京は青空が広がる夏日となりましたが、九州では、大雨による警報が出ている所もありました。台風のように通過してくれない分、線状降水帯は辛いものがあります。これ以上の被害が出ない事を、祈るばかりです。  先日の「大原御幸」の感想など、お稽古場でもいただきます。建礼門院徳子、後白河法皇、それぞれに立場があり、思いもあり、人間の事なので、たとえ本人から直接心情を聞けたとしても、一...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE