2018年08月05日 コラム
 8月九皐会が済みました。「自然居士」はお父さん見事に、姫を救出しましたね。「羽衣」は小書無しが、かえって新鮮で、タップリあり、見応えがありました。 ご来場の皆さま、ありがとうございました。 先日大鼓の佃良太郎氏と打ち合わせまして、8月11日(土・山の日)のラフレのイベントの内容が決まりました。 「高砂」:おめでたいわれをご説明し   まして「四海波静にて~」を演奏「屋島」:一調(これはすごいです!一調は囃子が特別な手を打ちます。今回の目玉になりましょう)。「海士」:玉之段。母親の海女が海に   潜り、宝珠を取り返してくる、劇的な場面です。そこを解説と実演します。「猩々」:最後の一番のおめでたい部分を致します。最後の体験もおめでたいところを、全員で謡います。 全ての曲に私の解説と、大鼓の解説、そして謡と大鼓の演奏が入ります。曲を理解していただい...続きを読む
2018年08月04日 舞台のこと
「夏休み親子で楽しむ能の会」、満員の、大盛況でした。謡の体験コーナーでは子供らしく、元気で大きな声で謡えました。年齢の制限をしていなかったそうで、幼稚園前のお子さんも、来ていたようです。どんな感想を持つのか、聞いてみたいところです。 「土蜘蛛」はやはり楽しいですね。後半、土蜘蛛が巣を投げると、歓声が上がっていました。最後に討ち取られ、舞台上で下に座っている場面も、赤い頭の毛に、白い蜘蛛の糸が映えて、キレイに見えるところも能の良さでしょうか。鬼退治と言っても、殺伐とせず、安心して見ていられます。 こういった催しを利用して、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと願います。
2018年08月03日 コラム
本日は、8月九皐会と明日の国立能楽堂の「夏休み親子で楽しむ能の会」の申し合わせと、2本立てでした。申し合わせのどうしの合間に、「大江山」の稽古能もありましたので、午前午後で能4番と濃い半日になりました。 九皐会の「自然居士」と国立の「土蜘蛛」は、親子共演となり、夏休みらしさも加わって、いい感じです。 先ずは明日の国立から、楽しみに参加したいと思います。 夜は大鼓の佃良太郎氏と、10日山の日の、さいたま新都心ホテルラフレのイベント、アフタヌーンティースペシャルの最終打ち合わせです。なにかと、楽しいアイデアを思い付く方なので、当日こちらもワクワクして、いらっしゃったお客様が楽しめるような事をしたいと思います。 普段なかなかできない、大鼓とのコラボをしたいと思います。 宜しくお願い申し上げます。
2018年08月02日 お稽古のこと
蓮田市慶福寺のお稽古に参りました。 リ二ューアルの旧本堂、現在はお不動さまがいらっしゃるので、不動堂となっておりまして、そこが現在のお稽古場所です。 以前と変わりまして、リ二ューアル後は空調が付き、快適になりました。夏場の冷房はしかと効きますので、今日のような日はありがたいです。 「夏休みの親子教室」以後、お稽古を続けてくれている小学生がいます。昨日は親子教室のお稽古日で、その子も来ていました。昨日はタップリ2時間、今日は個人稽古で難しい仕舞に挑戦、頑張りますね。 お母様のお話しでは、木曜日が蓮田のお稽古日なので、木曜の朝に起きると、「今日はお稽古あるの?」と聞いているそうです! いや~かわいいですね〰やられます! 子供らしく、伸び伸びと体を動かしていますので、このまま伸ばして行きたいと思います。 豊かな慶福寺では、夏野菜の収穫がありまして、ありがたいことに、私にも...続きを読む
2018年08月01日 お稽古のこと
今日は蓮田市の夏休み親子教室の2回目でした。昨年から引き続きの子もいまして、初回からかなり馴染んでいる感じです。 今日は前回お休みだった子も来まして、全員集合になりました。初めて来た子も、最初はおとなしくしていましたが、途中からどんどん元気が増し、終わり頃は私の机の前に来て、お話しする程でした。 熱中症の心配をよそに、休み時間には、走り回る元気な子供たちです。元気にやって来て、楽しんで帰って行くようなので、いいですかね。 9月の発表会までには、まとまることでしょう。謡のとりは早いので、心配ありません。仕舞は場所がなかなかイメージしにくいようなので、一工夫しましょう。 「次はいつ?」と言っていたので、次回の稽古日を楽しみにしたいと思います。
2018年07月31日 お稽古のこと
高松も東京も、変わりなく暑いです。ちょっと不思議な気がしますが、それに慣れてきている自分にも驚きます。 さて、東京ではベテランチームのお稽古日になりました。舞台経験は豊富ながら、新しい物に挑戦しますので、都度都度新鮮な緊張感があり、いいですね。 皆さんよくお稽古をして、お稽古日にいらっしゃることがよくわかります。ミスをすると残念そうな、悔しそうな感じです。見ているこちらも、「間違えないといいなー」とドキドキしてきます。 稽古の後は、皆さん熱心にメモを取っていらっしゃるので、次回は更に反映された仕上がりが、期待できるのではないかと、楽しみにしています。 こちらはさすがベテランチームなので、他の人の注意の時に、自分のことのように聞いて、それを鏡の前で確認したりするところですね。とても、いい習慣だと思います。見習うところですね。 明日からは8月になりますね。目まぐるしい毎日で...続きを読む
2018年07月30日 お稽古のこと
高松に参りました。台風の影響が懸念されましたが、青空の広がる、暑い夏日になりました。掟破りの台風が逆走したので、心配の種も多かったのですが、平穏無事な高松市内で何よりでした。 先月の宴、もとい、お稽古から一月半経っていましたので、皆さん忘れていないかしらと、若干の不安も有りましたが、よく復習していてくれました。その時間を感じることもなく、スムーズにお稽古が進みました。そして皆さんそれぞれに、ご自身のペースで進んで行けるところが、個人稽古の一番の良さですね。時間的にもゆとりが有りますので、たっぷりとお稽古できるところもいいです。 本日も高松ではお稽古体験の方が、いらっしゃいました。殆どの方がそうなのですが、謡の体験では大きな声を出すことに、驚きと羞恥が有るようで、一様に戸惑うのですが、そこが初々しいです。謡も進んでいけば、しっかりと声を出せて、節も正確に謡え、成果がありました(教え方...続きを読む
2018年07月29日 コラム
9月30日(日)の第13回奥川恒治の会へ、たくさんのお申し込みをいただいております。ありがとうございます。 大変遅くなりましたが、発送の準備が整いました。明日発送致します。 遅くなりまして、失礼いたしました。 お席も中正面以外は、ご案内できます。どうぞ 宜しくお願い申し上げます。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE