2019年01月22日 お稽古のこと
「はじめの一歩」は、文字通り初めて能楽のお稽古をする方のための、お稽古方法としてのご提案です。時間を1年間と区切り、基本技術の習得を目指します。1年経って卒業しますと、グループなり個人なり、自身の希望に応じたお稽古場で、続けていただけます。 1年と申しますのは、長いような、短いような、半年過ぎた頃はやっと半分と思うものの、1年が経とうかという頃は、もう1年か、と思うものです。 この度も、...続きを読む
2019年01月21日 コラム
好天の宇部から戻りまして、東京でお稽古です。時間の節約のしすぎで、スケジュールがタイトになりすぎました。結果、お弟子さんにもご迷惑を掛けてしまい、反省です。 宇部では、秋の発表会の日程が決まりました。期待と不安が同居しますのは、どこのお稽古場でも、同じことですね。この機会に、達成感と満足感を、ぜひとも得て頂きたいと思います。 毎月のお稽古は、とても楽しく進んでおります。この雰囲気を大切に保...続きを読む
2019年01月20日 お稽古のこと
山口県の宇部にやって参りました。空港に着いた時は雨上がりで、地面はまだ濡れていました。空はどんより雲っていましたので、宇部に来るようになって初の雨か、と思っておりました。ところが昼前から明るくなり、気付けば日中は太陽が眩しい、青空になりました。 今日は時間にゆとりが有りましたので、こちらでお稽古を始めるきっかけとなった、古民家カフェ「かまたの恵」さんに立ち寄りました。7段飾り豪華雛壇に出迎えら...続きを読む
2019年01月19日 舞台のこと
 今日は毎年恒例になっています、府中の芸術劇場の公演でした。午前、午後の公演ながら、午前、午後とほぼ満席という盛況振り、喜ばしいことです。  演目は狂言「蝸牛」、能「国栖」さらに、解説には葛西聖司氏という、スペシャルゲストも加わります。見て、聞いて、楽しめる催しとなっているわけですね。  「国栖」は壬申の乱をモチーフにした曲です。大海人皇子に扮した子方が、舞台上で舟の作り物に隠れるなど、劇的な...続きを読む
2019年01月18日 コラム
 今朝は若竹会(非公開の稽古会)の、稽古能前の総稽古がありました。曲は「阿漕」、シテは永島充、私は地頭を勤めさせていただきました。  「阿漕」は全体像をシテとよく申し合わせていかないと、まとまりが悪くなり、なかなか難しい曲です。地謡をまとめる私の力不足もありますが、初同は具合が悪かったですねー、残念です!ここの具合が良いと、一曲が俄然引き立ちます。最初の勝負所ですね。  「阿漕」は通好みの曲な...続きを読む
2019年01月17日 コラム
今日は自宅のお稽古場に、新しい空気清浄を兼ねた加湿器がやって参りました。このところの乾燥は厳しいので、有った方がいいですね。以前かなり古いタイプの物を使っていましたので、あまり具合が良くなかったのですが、最近の物は花粉やらにも効果があるそうで、これからの季節は助かります。 昨年暮れからたてつづけに、家電が身罷かり、随分痛手を被っております。時の経過を慮りますと、仕方ないといったところでしょ...続きを読む
2019年01月16日 コラム
今年最初さいたま新都心ホテルラフレの講座とお稽古が、無事にすみました。ご参加の皆さんとは、遅ればせながらの、年始のご挨拶になりましたが、皆さんとお会いしますと、嬉しくなります。 謡のお稽古は、昨年の引き続きの「田村」、講座は今日から新曲「巴」になりました。 今年の講座は、平家物語の年にしました。一つに絞るのは難しくもありますが、深めて楽しんで参りたいと思います。次回は30日(水)です。ぜ...続きを読む
2019年01月15日 コラム
午前中は高松のお稽古でした。六萬寺さんのイベントを始めたおかげで、週末と平日でお稽古日が取れるようになりました。より多くのご希望に対応できます。平日と週末を選べるこの機会に、謡曲や仕舞のお稽古を、ぜひご検討頂けますと幸いです。  来月2月3日(日)は、サンポートホール高松の7階第3リハーサル室で、高松華友会初の発表会を致します。東京からも社中の有志に客演願って、花を添えていただきます。14時半か...続きを読む
2019年01月14日 コラム
今日は待ちに待った、高松六萬寺イベントの記念すべき初回となりました。ご参加の方は、お申し込の方よりも多く、16名の方にお運びいただけました。当初の予定より6人多くいらっしゃっていただきました。こちらで宣伝活動に頑張ってくださった方に、感謝しております。 ご参加の皆さんには、お楽しみ頂けたようで、終了後もお話しが絶えず、良い感触を得ました。次回以降も、お運びいただけますと、ありがたいです。 ...続きを読む
2019年01月13日 舞台のこと
1月九皐会、無事に済みました。天候にも恵まれ、ありがたい新年の会となりました。 「翁」の遠藤喜久氏は、お疲れになったことでしょう。「翁」は舞台に上がるまでが、なによりも大変です。精進決済もさることながら、当日も翁太夫としての、勤めがあります。全て済んで、ほっとしたことでしょう。お疲れさまでした。 「玄象」は風情よく、場面転換もはっきりしていますので、面白い曲です。出演人数も多い分、面白さ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE