2017年06月23日 コラム
高千穂中学校での公演も無事に済みました。今回の5公演の中で唯一の中学校です。こちらの生徒さんはとてもお行儀よく、素晴らしい鑑賞態度だと思っておりましたが、最後に驚きのサプライズがありました。3,40人の生徒さんが、お見送りのために待っていてくれました。バスまでの坂の途中でお見送り、私たちが通り過ぎると、走ってさらに坂の上へ行き、バスのお見送りまでしてくれました。こういったことは初めてでした。こちらの旅の疲れも一気に飛んでしまう、嬉しいサプライズでした。 高千穂では時間を作って、天岩戸神社にも伺い、参拝させていただきました。岩戸隠れの神話は、能にも取り上げられていますので、有り難くも勉強になります。 移動のバスから見える景色も緑豊かで、まる...続きを読む
2017年06月22日 コラム
宮崎県延岡市に初めて伺いました。午前中はあいにくの雨模様で、梅雨らしい日になりました。雨が降っても子供たちは元気で、質問も積極的でした。土々呂(トトロ)小学校、別段アニメ映画とは関係ないそうですが、玄関にはトトロがいました。 こういうの大好きです!ドングリで作ってある物がとてもいいですね。大人と子供が共通の物で楽しんだり、喜べたりしたらいいですね。 帰りがけには城址公園に立ち寄りました。門はなんとも大きく立派なもので、結構急な坂になっているところ上りきると、大きく視界が開けます(ちょっと息が上...続きを読む
2017年06月21日 コラム
今日も650人の児童に見てもらいました。大分は大きな地震があり、心配しましたが、大きな被害を耳にすることもなく、つつがなく公演ができて良かったです。附属の小学校で、児童のみんなが制服でした。一年生から見に来てくれたので、小さい子の制服姿はなんともかわいらしい。僕は台東区立の小学校でしたが、制服のある学校でした。中学、高校と全て制服があったので、学校と言えば制服なんですが、子供の小学校、中学校は私服でしたね。個人的には制服があると着る物を考えなくていいので、楽だと思いますが、親の身としては、寸法が変わる毎に買い替えがやって来ると思うと、微妙でもあります。苦しいとか、痛いとかの理由で服や靴を変えます、まぁ、成長と思えば嬉しくもありますが。小さいと思っていても、子供の成長は早いですね。見に来てくれる子供たちにも、一つ一つを大切に成長の糧となる経験をしてもらいたいです。低学年の子供たちも、驚くほど...続きを読む
2017年06月20日 コラム
大分県宇佐市の柳ヶ浦に行ってみました。お天気は生憎曇天で、雨にも降られましたが、今後行く機会も少なかろうと思いまして、思いきって出掛けました。平清経の入水した場所となっております。北九州にも同じく清経の入水地候補が有りますが、本日の場所は宇佐市です。父親の小松内府重盛に因んだのか、小松橋が掛かっていて、その袂には五輪塔と石碑が有りました。重盛は早世していなければ、平家の棟梁となり歴史が変わっていたかもしれません。その息子清経、入水への流は様々思い巡らさせられます。極めて静かな水面が続いていました。その静けさに吸い込まれる魂もあるかと思いました。 「清経」を先頃勤めた弟弟子の舞台を見ていて、この名曲を再演してみたいと、思うようになりました。いつか再演できたら、幸せですね。
2017年06月19日 コラム
本格的に学校巡回公演が始まりました。今日は最近にしては珍しい程のマンモス校。児童数800人の小学校でした。低学年の子に「羽衣」はどうかな?と思っていましたが、公演後の質問は活発で、時間が足りなくなるほどでした。子供の質問は時には感覚的で、真意が伝わりにくいこともあります。低学年では発言時に、質問の内容を忘れてしまうことも間々あります。解りにくいことも、忘れたことも、大勢の前で勇気を出して質問したことを誉めて、話をする楽しさを覚えてもらえればいいのではないかと思います。解りにくいことなら、整理してあげればいい、忘れたなら「楽しかった?」と聞いてあげればいいのではないかと思います。興味を持ってもらうことが、最初の一歩で、そのために伺っているのですから!
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE