2017年05月14日 舞台のこと
九皐会の「杜若」が済みました。覚悟していましたが、済んでみればやはり大曲でした。詳細は改めてさせていただきますが、ご来場の皆さまには御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。今日はちょっとお休みして、一杯したいと思います。
2017年05月13日 舞台のこと
今日は同門の桑田貴志氏の自主公演に出演させていただきました。曲は「花筐」で次男の大志郎君と親子共演でした。親としまして、子供と一緒に舞台を勤めることは、精神的な負担が大きいです。まして、自分の会で演目もハードルを上げての挑戦曲となりますと、厳しいですね。とは言うものの、別の一面では我が子と舞台を勤めることは、幸せなことにほかなりません。二人とも疲れた事でしょう、今日はゆっくり休むといいですね。子方...続きを読む
2017年05月12日 舞台のこと
本番を明後日に控え、今日は九皐の申し合わせ(リハーサル)があり、私は「杜若」を勤めさせて頂きました。無事終わりました、と言いたいところですが、終わりの方に来て全く違う言葉が口から飛び出し、我ながら驚きました。「なに言ってんねん!」という心の声を聴きつつ、深く反省。危険な香りを残す申し合わせとなりました。さりながら、今までの経験上、申し合わせで間違えた時は、当日は間違えない事が多いんです。本人的には...続きを読む
2017年05月11日 お稽古のこと
小学生のお稽古に来ている少年が、とても声が小さい。昨日はその事で学校の先生から注意されたそうです。ママさんも心配なようで、それはそうですよねー。舞のお稽古のついでに、謡の稽古もしてしまいます。本人も最初は気乗りしない様子ですが、謡わないとダメかも、ということを悟り頑張り始めます。小さな変化を聞き逃さず、そこを押して進めます。普段はお話しも苦手で、あまり喋らないそうですが、首を傾げた所を何が解らなか...続きを読む
2017年05月10日 お稽古のこと
本日はさいたま新都心ホテルラフレで3回目の「杜若」講座がありました。旅僧の前に現れた女は、日暮と共に僧を宅へ招き、その素性を明かします。この旅僧のスゴイところは、わざわざ着替えて出てきた女性が、「見て下さい」と言った着物等をスルーし、「貴方は誰?」と言えてしまうところです。女性が着物を見てといっていたものをスルーする勇気は僕にはないなー、などと思いつつ今日も楽しく盛り上がった、ラフレのアフタヌーン...続きを読む
2017年05月09日 舞台のこと
9月24日(日)の会なので些か早いお知らせになりますが、今年で12回(12年目)を迎える自主公演のお知らせを、始めました。今年は「俊寛」を勤めさせて頂きます。平家に反旗を翻し謀叛を企てるものの、発覚し流罪となる俊寛。同罪で同地に流される成経には鈴木啓吾氏、同じく康頼には遠藤喜久氏に勤めて頂きます。かつて内弟子修行時代は共に寝食を共にした兄弟です。当時も何かあれば同罪、そんな30年振りの「リアル俊寛...続きを読む
2017年05月08日 お稽古のこと
能楽堂にお稽古にいらっしゃる方は、みなさん10年、或いはそれ以上のキャリアになります。年月が経つと能楽堂でお稽古ができる、というシステムではありませんが、ここのお稽古場の方とは長いお付き合いになっているわけです。いつの間にか最年長となった方が、諸先輩の姿を思い出し、色々な面で不安をお持ちになっていました。先日より相談を続け、今日会の出演や稽古のあり方等、方針が決まりました。ご本人が納得いけばそれが...続きを読む
2017年05月07日 コラム
連休最終日は矢来能楽堂で4年になる企画で、「はじめての矢来能楽堂」に参加しました。回を重ねる毎にご参加の人数も増え、今回はありがたいことに90名のお申し込みをいただき、募集人数に達しました!ヤンヤ、素晴らしい!小学校低学年から上は僕らよりお年上のご年長まで、多彩にお集まり頂きました。最初の説明から謡の体験、舞台に上がって「土蜘蛛」の太刀と蜘蛛の糸をまく体験まで、みなさん一丸となって楽しんで頂けたよ...続きを読む
2017年05月06日 日々のこと
昨晩は高校の同級生と同期会でした。僕は高校卒業後、内弟子入門をし、今のような携帯電話などなかった時代なので、友達と連絡を取ることはありませんでした。数年のブランクになるのはわかっていましたが、特に不安はありませんでした。なんの根拠もなく高校卒業の頃には、年に1度くらいクラスは関係なく皆で集まれる時と場所を持つ、と思っていました。段々実現していくのが不思議ながら楽しい、人が人を呼んでくれるんですね。...続きを読む
2017年05月05日 コラム
端午の節句(こどもの日)は昨年に続き今年も芸団協の子供体験教室に参加しました。昨年初めてで、一組でしたが、好評らしく今年は二組でした。保護者の方の見識も高く、能をご覧になった方が多かったのが印象的でした。 楽しんでもらえたようで、終わってからご挨拶に来てくれる子も大勢いました。なかなか上手に伝えられないのですが、コツコツと続けていきたいと思います。...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE